お電話でのご相談

受付時間:平日9時~17時 / 土曜日9時~14時(日祝休み)

頭のゆがみの基本 頭のかたちがハチ張り?個性で終わらせず専門医に相談しよう

絶壁頭」や「エイリアン頭」など、赤ちゃんの頭のかたちで悩んでいるママやパパは多いでしょう。真正面から見ると頭が大きく張って見える「ハチ張り」もその一つです。

赤ちゃんの頭のかたちが歪んでいても、周囲の人からは「自然に治るよ」や「個性だから仕方がないよ」と言われるかもしれません。

赤ちゃんの頭のかたちは、本当に自然と治るのでしょうか?

そこで本記事では、ハチ張りの特徴や原因知っておくべきリスクや対策について解説していきます。

赤ちゃんの頭のかたち「ハチ張り」とは?

赤ちゃんの頭のかたちである「ハチ張り」は、頭の両端の骨が出ている部分(ハチ)が突き出して見える状態を指します。

ハチがどこか分からない人は、「ハチマキ」を巻く部分を想像してみましょう。その部分が通常よりも大きく広がっているので、頭を正面から観察すると四角く見えることが特徴です。

▼ハチ張りの特徴

  • 正面から見たときに、頭のかたちが四角く見える
  • 頭が大きく見えてしまう

赤ちゃんのハチ張りが将来におよぼす影響とは?

赤ちゃんの頭蓋骨はとても柔らかく、外からのちょっとした衝撃などさまざまな原因で変形してしまいます

赤ちゃんの「ハチ張り」は個性と受け止められている方もいらっしゃるかもしれませんが、ゆがみの程度によっては将来的にさまざまな影響をおよぼすかもしれません

ここではお子さまが大きくなってから後悔しないよう、ハチ張りが及ぼす影響として考えられるパターンをお伝えします。

病気のため脳の発達が遅れる可能性がある

ハチが張っている原因の一つに、頭蓋骨縫合早期癒合症(ずがいこつほうごうそうきゆごうしょう)と呼ばれる病気があります。

産まれたばかりの赤ちゃんの頭蓋骨は、大人のものとは異なり、いくつかのパーツに分かれています。柔らかい脳の表面に、複数の骨のパーツが隙間を開けて並んでいるイメージです。

 

出典:一般社団法人 日本頭蓋顎顔面外科学会

 

通常は頭蓋成長に伴い、この隙間が骨化して閉じていくのですが、頭蓋骨縫合早期癒合症は、この頭蓋骨のつなぎ目が何らかの理由で通常よりも早く骨化して閉じてしまう病気のことを言います。

赤ちゃんの脳の大きさは、産まれてから生後2歳までに3倍に成長するとも言われています。しかしその成長よりも先に、「入れ物」である骨が一部分不自然に固まってしまうことで、頭蓋骨が赤ちゃんの脳の成長に合わせて拡大することができなくなり、いびつな形状になってしまうのです。

その場合、赤ちゃんの脳が正常に発達することができなくなり、運動発達や神経発達にも支障が出る可能性があるので、専門家による診断が必要です。

関連する記事

ヘルメット治療ができる病院は?診断内容や注意点を紹介

髪型や帽子などのファッションに悩んでしまう

ハチ張りで頭が重度に変形している場合、子どもが将来、髪型や帽子で悩んでしまう可能性です。

ハチ張りは、頭のてっぺん部分が大きい特徴があるため、毛量が多かったり、意図せずボリュミーな髪型になってしまう傾向にあります。

そうすると、なかなかサイズの合う帽子が見つからなかったり、髪型によっては余計にバランスが悪く見えてしまったりと、「ハチ張りのせいで、ファッションの選択肢が狭まってしまった…」という悩みやコンプレックスに繋がることも多々あります

赤ちゃんのハチ張りの原因

「ハチ張り」は、軽度の場合は単に遺伝的な可能性がありますが、大きく変形がある場合は、出産時・産後で大きく3つの原因が考えられます。
それぞれ確認していきましょう。

1. 出産時に難産だった

原因の一つとして考えられるのは、子宮内やお産時の頭の変形です。

特に妊婦さんの産道が狭いときに行われる「吸引分娩」では、赤ちゃんの頭に吸引カップを装着して体外に引き出します。その吸引の力によって、赤ちゃんの柔らかい頭蓋骨が変形してしまうことがあります。

2. 寝るときに「向き癖」がついている

産後の原因として最も考えられるのは、赤ちゃんを寝かせる時の「向き癖」です。

窒息や乳児突然死症候群の恐れがある「うつ伏せ」よりも、赤ちゃんを「仰向け」で寝かせる方が良いという傾向にあります。

実際、仰向けで寝かせることによって、窒息などのリスクは低減します。

しかし同時に後頭部に一定方向からの圧力がかかり続けることになり、ただでさえ柔らかい赤ちゃんの頭蓋骨が変形してしまう可能性が高まります。その結果、ハチ張りになってしまうのです。

3. 頭蓋骨縫合早期癒合症になっている

上述したように、ハチ張りが「頭蓋骨縫合早期癒合症」による場合は、異変に気づいたらすぐに何らかの対策を行う必要があります。

この場合は、脳の発達に影響が出る場合があるので、早期に専門医による診断を受ける必要があります。

明らかな異変を伴っている場合は、早急に専門医に相談することをおすすめします。

赤ちゃんの頭のハチ張りを治すには?

ドーナツ型の枕やタオルなどを使って、寝かせ方を矯正しようとされているご家庭も多いのではないでしょうか?

実は赤ちゃんの重度のハチ張りは、髪の毛が生え揃って目立たなくなることはあっても、自然に治ることはありません

そこで本章では、ご家庭での取り組みに限界を感じたら、ぜひご検討いただきたい対策をご紹介します。

まずは、専門医に相談しよう

重度のハチ張りの場合は、まずは頭のかたちのプロである専門医に相談することを検討しましょう。

特に赤ちゃんの頭のゆがみについての専門外来では、頭のかたちに特化した正しい知識を元に、安心につながる情報提供や診断をしてもらうことができます

専門医と言っても、堅苦しい診断ではありませんので、「頭が歪んでいる気がするけど…」「健診では様子見で良いと言われたけど…」など、気になっていることを何でも気軽に話してみましょう。

  1. 相談フォームに必要事項を記入
  2. 後日スタッフから連絡。専門病院の予約や受診方法のアドバイスをもらう。
  3. 予約日に病院で専門医に相談。

ヘルメット治療を検討してみよう

赤ちゃんの重度のハチ張りを矯正する方法の一つとして「ヘルメット治療」があります。

ヘルメット治療は、まだ頭蓋骨が固まっていない月齢の赤ちゃんに治療用ヘルメットを装着してもらい、頭のより発達している部分の成長を待機させ、より成長してほしい部分の成長を促して、頭のかたちを成長に合わせて自然に矯正していく治療方法です。

▼ポイント

治療の開始時期は2〜6ヶ月頃(乳児)が適正目安

※ 7ヶ月以降は頭蓋成長が鈍化し、また1歳を越えると自我が芽生え、自身でヘルメットを外すリスクが増えるため
※ハチ張りになったら必ず受けなければいけない治療ではありません。

もともとは1990年代に米国で始まった医療行為で、日本でも2010年頃から頭のかたち専門のクリニックができるなど注目を集めています。

もし治療を受けるのであれば、生後3~6ヶ月頃までには治療を開始するのが望ましいとされています

赤ちゃんの頭のかたちは、まだ骨が完全に固定されていない段階で成長に合わせて矯正することで、最良の治療効果が発揮できるからです。

ハチ張りは子どものころは気にならなくても、将来的に外見からコンプレックスを抱く原因にもなります。

赤ちゃんの頭のかたちが少しでも気になるのであれば、早めに専門医に相談してみましょう。

関連する記事

5分でわかる「ヘルメット治療」とは?治療方法や流れを解説

まとめ|赤ちゃんの将来のために、まずは専門医に相談を

赤ちゃんのハチ張りなどの頭のかたちは「自然に治る」や「様子を見よう」といわれて、楽観的に考えられがちです。

しかし、ハチ張りは自然に治ることはありません。将来、見た目がコンプレックスとなる場合もあります。

赤ちゃんの頭のかたちを見て少しでも不安に感じるのであれば、個性で終わらせずにまずは頭のかたちのプロである専門医の話を聞いてみませんか?

日下康子医師
日下康子医師

1989年、東北大学医学部卒業、東北大学脳神経外科入局。1997年、東北大学医療技術短期大学講師。2000年、東北大学医学部脳神経外科講師。2002年、米国フェニックス、St. Joseph’s Hospital and Medical Center, Barrow Neurological Institute 臨床研修留学。2004年、ドイツ:ハノーバー、International Neuroscience Institute 脳神経外科 臨床研修留学。2004年〜2014年、東京慈恵医科大学脳神経外科講師。2014年〜脳神経外科・脳ドック、リハビリテーション病院、人間ドック・検診クリニック部長、院長、内科・整形外科クリニック、訪問診療、と総合診療を経験ののち、2018年より医療法人社団ICVS東京クリニック勤務。2019年、同クリニック院長・理事、現在に至る。

ご相談の流れ

STEP.1

本サイトから
相談

こちらのフォームより相談内容をご入力の上「相談する」ボタンをクリック。

STEP.2

スタッフに
無料相談

後日、相談室スタッフよりご連絡。スタッフにお悩みをお伝えください。

STEP.3

診察を希望される
場合

予約日に指定の病院にて診察。ゆがみの原因はさまざま、専門医に診てもらい悩みを解消させましょう。

お電話でのご相談

0120-966-577《受付時間》 平日9時~17時 / 土曜日9時~14時

《受付時間》
平日9時~17時 / 土曜日9時~14時

Webからは24時間ご相談受付中

アプリで頭の形を測定してみよう 頭のゆがみがわかるアプリ赤ちゃんの頭のかたち測定

赤ちゃんの頭の歪みを測定するため、専門医の全面監修を受けて開発されたアプリです。撮影画像をもとに頭のゆがみ度をグラフにし、見える化。頭のゆがみ度をチェックできるとともに、医師への相談時にも役立てることができます。

ダウンロードはこちら

無料ダウンロードはこちら