• Facebook
  • Twitter
  • メール
電話で相談
0120-966-577
フォームから相談

お電話での相談0120-966-577

フォームから相談

頭のゆがみと発育

赤ちゃんの頭のゆがみ、気になっていませんか?種類や原因、治療方法を詳しく解説

2020年8月5日

【監修者】橋都 浩平 先生

監修者 橋都 浩平(はしづめこうへい) 先生

日本赤十字社医療センター小児外科部長、東京大学小児外科教授を歴任後、東京西徳洲会病院で総長を務める。
同院を退任後、現在はメディカルノート社外取締役及びジャパン・メディカル・カンパニー社外取締役。これからの医療には産業界との連携が欠かせないという考えのもと、医療人として・企業人として、双方の視点から医療の進歩に貢献している。

赤ちゃんの頭のゆがみとは、文字通り、頭の骨格が目で見てわかる、もしくは触ってみるとわかる程度にゆがんでしまうことです。

我が子の成長にかかわることですから、放っておいても問題がないか、気になって不安な方は少なくないでしょう。

しかし、どのような治療ができるのか、ゆがみを放っておくとどのような影響があるのかなどは、まだまだ深く知られていません。

そこで本記事では、頭のゆがみの種類や原因、頭のゆがみの種類や治療することで避けられるリスク、具体的な治療法など、頭のゆがみに悩んでいるパパ・ママが知りたいことをまとめました。

頭のゆがみとは?
・ゆがみを放っておくとどのように影響する?
・ゆがみの治療法やヘルメット治療法とは?

ぜひ、最後までご覧ください。

赤ちゃんの頭のゆがみとは?

まずは、赤ちゃんの「頭のゆがみ」の基本について見ていきましょう。

頭のゆがみの種類と原因について

頭のゆがみには、外部からの圧力がかかって変形をきたすものと、病気によって起こるものの主に2種類があります。

1. 外部からの圧力が原因のゆがみ

生まれたばかりの赤ちゃんの頭蓋骨は、とてもやわらかいです。

それは、赤ちゃんの頭の骨は大人のように一つにつながっているのではなく、今後の成長に合わせるために、いくつかのピースに分かれているためです。

頭のゆがみは、このやわらかい骨に対して特定の方向へ圧力がかかり続けることによって起こる場合が多く、これを「位置的頭蓋変形症(いちてきとうがいへんけいしょう)」と呼びます。

具体的には「寝ぐせ(向き癖)」と呼ばれる、頭の向きの習慣が主な原因で、日常生活の中で横になっているときに一定方向への圧力が重なると、頭のゆがみが進んでしまうのです。

このゆがみの種類は、3つに分類されています。

・短頭症(たんとうしょう)・・・後頭部が丸みを帯びずに平らになっている状態。
・斜頭(しゃとう)・・・後頭部が斜めにゆがんでいる状態。
・長頭症(ちょうとうしょう)・・・頭が縦に長く伸びていて、後頭部が大きく突き出し、細長くなっている状態。

この中でも「短頭症」は、いわゆる「絶壁(ぜっぺき)」といわれるもので、日本人にはもっとも多く見られる頭のゆがみです。

2. 病気が原因のゆがみ

病気によっておこるものは、少しむずかしい言葉で「頭蓋骨縫合早期癒合症(ずがいこつほうごうそうきゆごうしょう)」と呼ばれます。

普通よりも早く頭の骨がくっついてしまうことで起こる現象で、遺伝子の異常によるのものと、そうでないものがあります。

頭のゆがみだけでなく赤ちゃんの脳の発達に影響が及ぶ可能性があることから、手術の対象となる事が多いのです。

いずれにせよ、ゆがみの原因が病気によるものかそうでないものかは、見るだけでは判断できないため、医師による診断が必要です。

まずは、医師への相談を!
「web上の相談窓口」では、医療機関の専門家が、下記のようなお悩みにお答えします。
・わが子の頭のゆがみは本当に大丈夫?
・頭のゆがみの原因を知りたい
・どの病院・クリニックに受診すべき?
専門家への無料相談窓口では「受診すべき病院」についてもアドバイスを受けることができます。その他、発育に関してだれに相談したらよいかわからない些細なお悩みも、ぜひお聞かせください。

頭のゆがみを治すことで避けられる将来的な3つのリスク

赤ちゃんの頭のゆがみは、将来的にどのような影響を及ぼすのか、という心配をされるパパ・ママも多いはず。

とくに頭や脳は、人間の最も大切な部分なので、余計に気になりますよね。

実は、最近まで寝ぐぜ(向き癖)による頭のゆがみは健康上の問題はないと考えられていました。

頭のゆがみ自体も、生後6カ月頃の自然に首がすわる時期になれば、今までよりも頭が床についている時間が短くなることから、自然に改善すると考えられていました。

しかし最近では、寝ぐせによる頭のゆがみとその後の神経発達、運動発達の遅れについて指摘する研究報告も海外から出されています。

1. 運動面でのリスク

赤ちゃんは1歳になるまでに、めざましく運動機能が発達します。床に寝ているだけだったのに、1歳になるころにはハイハイやお座りができるようになっていますよね。早ければ、歩き出すような子もいます。

アメリカで2006年に斜頭症の赤ちゃん110人を対象に行われた研究では、この運動面の発達にかんして、全体の26%が中度もしくは重度の遅れがみられたことが報告されています。

2. 発達面でのリスク

精神発達の面でも、生まれてからの数年間で子どもは大きく成長します。一つの単語を話したかと思えば、短文の会話ができるようになったりと、1日1日、できることが増えて驚くほどでしょう。

アメリカで2019年に6〜12歳の子ども336人(斜頭症の子とそうでない子合わせて)を対象に行われた乳幼児発達検査によると、斜頭症の子はそうでない子にくらべて情報処理速度が著しく遅く、また乳児期に中〜重度の斜頭状態にあった可能性が高いことが報告されています。

3. 見た目のリスク

健康面や発達面だけでなく、頭のゆがみが進んでくると見た目にも影響が出てきます。

目の位置の非対称を放置しておくと、斜視や視覚障がいのリスクが生じる可能性もありますし、歯並びが悪ければ、十分な歯磨きを行えないことによる虫歯や歯周病のリスクも考えられます。

また、頭や顔面のゆがみ、歯並びの悪さなどが現れることもあるので、将来コンプレックスに感じてしまうかもしれません。

赤ちゃんの頭のゆがみを治療することは、これらの将来的なリスクを避けることにもつながります。お悩みは一人で抱え込まず、ぜひ早いうちに、かかりつけの医師もしくは【専門医師にお問い合わせ】ください。

頭のゆがみは、いつまでに治せば良いの?

頭のゆがみが気になったら、どのタイミングで治療をするべきなのか、あるいは、そもそも治す必要があるのか気になるママ・パパも少なくないかもしれません。

結論、頭のゆがみを治すには、早めの対策をおすすめします

まだ頭の骨がやわらかい生後6カ月までだと治療がしやすいため、生後6~8カ月頃までの受診が良いでしょう。

ただし、骨のやわらかさや成長度合いは赤ちゃんによって異なるので、8カ月を過ぎても十分に治療が可能なこともあります。

赤ちゃんの頭のゆがみは、気になったら早めに医師に相談しましょう。

赤ちゃんの頭のゆがみを治すための3つの方法

赤ちゃんの頭のゆがみには、ご家庭で出来るものと、医療用器具を使うものの2種類の治療法があります。

ここでは、ご家庭で出来る方法と、医療用ヘルメットを使った治療法を、それぞれご紹介します。

1. 寝るときの「寝ぐせ(向き癖)」をつけないようにする

赤ちゃんは首の筋肉が未発達なので、まっすぐ上を向いていることは少なく、左右どちらかに顔を向けていることがほとんどです。

またほとんどの時間を寝て過ごすため、長時間頭のどちらかの側が下になっている状態になり、圧迫されます。

その状態が習慣化してしまうと頭がゆがんでしまうのです。

そのため、向きやすい方向にタオルを挟んだり、できるだけ反対方向に向かせたりなどして、寝るときの「向き癖」をなくしていきます。

2. 授乳するときの方向を定期的に変える

向き癖がついてくると、片方の授乳はすんなりできるのに、逆の方向は上手くいかないということがあります。

こうなってしまうと、授乳する態勢(片方は横抱き、片方はフットボール抱きなど)を変えて、どちらも向き癖がついている方向で飲ませるようにするママも少なくないですが、それではかえって逆効果となってしまいます。

最初は慣れないかもしれませんが、左右どちらでも同じ体勢での授乳を続けましょう。

3. ヘルメット治療をする

ヘルメット治療は、赤ちゃんの頭に医療用ヘルメットを装着して、ゆがみを直す治療法です。

ゆがみの程度が中等度以上で、専門医がヘルメット治療を行うことが妥当と判断した場合に、ヘルメット治療が適応となります。

赤ちゃんの頭を専用の機械で計測し、一人ひとりに合わせたヘルメットを作成し赤ちゃんにかぶせることで頭の形を矯正していきます。

他の治療法と比べて医療器具を使った治療であるため、頭のゆがみに対して確実な効果が期待できます。

赤ちゃんの頭のゆがみを治す「ヘルメット治療」とは?

ヘルメット治療は、ヘルメットをかぶることで赤ちゃんの頭のかたちを矯正する治療方法です。

ヘルメット治療の原理

ヘルメット治療に使われるヘルメットは、内側に低反発クッションがついており、赤ちゃんの頭を優しく包みこむようになっています。

これにより、頭のゆがんでいる部分は自然な成長をうながし、反対に出っ張っている部分は適度に加圧することで、ごく自然に頭のかたちを矯正します。

ヘルメットにはサイズの調整機能が備わっており、赤ちゃんの頭の骨の成長に合わせて4〜6週の間隔で医師がヘルメットのサイズを微調整していきます。

ヘルメット治療のメリットとデメリット

ヘルメット治療には、メリットデメリットがそれぞれあります。

ヘルメット治療のメリット

メリットは、ヘルメット治療は古くから欧米では行われてきた安全な治療法で、小さい頃に早く治療を終わらせることができることです。

また、頭のゆがみを気にして向き癖を治すために色々と自宅で試してみるよりは、ヘルメットを付けて早く専門的な治療を始めたほうが、ママ・パパにとっては精神的・時間的な負担が軽くなるというメリットもあります。

ヘルメット治療のデメリット

デメリットとなる可能性があることは、赤ちゃんが嫌がる、皮膚トラブルが起きることの2点です。

はじめのうちは嫌がって泣く赤ちゃんもいるようですが、ヘルメットを付けていることが自然である、ということを赤ちゃんに思わせることで、すぐに慣れて泣き止むことが多いようです。

ただ、慣れとは別の原因で泣く場合ありますので、どうしても泣き止まないときは、抱え込まずに早めに医師に相談しましょう。

また、ヘルメット治療をはじめる時期にもよりますが、基本的に赤ちゃんはかなり汗っかき。ヘルメットをつけていると、あせもなどの皮膚トラブルが起きることもあるようです。

早めに皮膚科へ行って薬を処方してもらったり、ヘルメットを清潔に保つようにしたりするなどの工夫をしましょう。

ヘルメット治療の診断から治療までの6ステップ

ヘルメット治療を受けるためには、専門の医師によって赤ちゃんの頭のゆがみのレベルを計測して治療の必要有無を診断してもらう必要があります。

STEP 1. まずは相談から始めよう

「わが子の頭のゆがみ、ヘルメット治療が必要なのかも?」

そう思ったら、まずは専門家に気軽に相談するところから始めましょう。

頭のゆがみは、病気や発育への思わぬ影響が隠れていることもあり、自己判断は危険です。

専門家への無料相談窓口では受診の必要性、受診すべき病院についてアドバイスを受けられます。ぜひ、ご活用ください。

STEP 2. 診断

頭のゆがみが病気によるもの(頭蓋骨縫合早期癒合症)ではないことを確認するために、脳神経外科などでレントゲン写真やCT写真を撮影します。

そこで位置的頭蓋変形症であることが確認された後、ゆがみの重症度を計測し、治療の必要有無を診断します。

STEP 3. ヘルメット作成

ヘルメット治療が必要だと判断された場合は、赤ちゃんの頭のかたちにフィットしたヘルメットを、オーダーメイドで作成します。

STEP 4. ヘルメット治療開始

まずは赤ちゃんがスムーズに慣れるように、数時間の装着からはじめます。

徐々に装着時間を伸ばしていき、最終的にはお風呂以外の時間は常にヘルメットを装着します。

STEP 5. 通院

約2~4週間ごとに診察とヘルメットの微調整を行うために通院します。

治療終了時期は医師が判断しますが、目安は頭蓋骨のつなぎ目である「大泉門」の閉じ具合と赤ちゃんの頭蓋骨が硬くなるタイミングです。

STEP 6. 完治まで治療を継続

ゆがみの重症度や成長度合いによって装着期間は変わりますが、一般的には大体6~12か月が治療期間とされています。

ヘルメット治療にかかる費用

ヘルメット治療は、保険適用外の治療となりますので全額自費負担となりますが、医療費控除の対象となります。確定申告の際に申請を行ってください。

治療用ヘルメットは、診察・検査込みで50〜60万円程度が目安です。

ただし、医療機関や取り扱い先の病院によって費用は異なるので、詳細は必ず受診予定の病院に確認しましょう。

まとめ|まずはお気軽に、専門家の診断を受けてみよう

赤ちゃんの頭のゆがみは、検診や周りの人からも気にしなくてよいといわれることが多いです。日本ではあまり積極的に治療を行ってこなかった経緯がありますので、それも当然のことだと思います。

しかし、日本でも2000年過ぎからヘルメット治療が普及し、アメリカではすでに50種類以上のヘルメットが食品医薬局(FDA)から認可されています。頭のゆがみは早期治療が最も大切です。

赤ちゃんの頭のゆがみには、病気が隠れている可能性もありますが、それは自己判断できるものではなく、レントゲン撮影やCT撮影などを通した医師の診断が必要です。

赤ちゃんの頭のかたち外来など、専門の診療科を開設している病院も最近では多くありますし、小児科や脳神経外科などでも診察可能です。

赤ちゃんの頭のゆがみが少しでも気になる方は、お一人で悩みを抱えずに、ぜひ早めに一度、専門家に相談をしてみてください。

監修者 橋都 浩平(はしづめこうへい) 先生

監修者橋都 浩平 先生

日本赤十字社医療センター小児外科部長、東京大学小児外科教授を歴任後、東京西徳洲会病院で総長を務める。同院を退任後、現在はメディカルノート社外取締役及びジャパン・メディカル・カンパニー社外取締役。これからの医療には産業界との連携が欠かせないという考えのもと、医療人として・企業人として、双方の視点から医療の進歩に貢献している。

日本赤十字社医療センター小児外科部長、東京大学小児外科教授を歴任後、東京西徳洲会病院で総長を務める。同院を退任後、現在はメディカルノート社外取締役及びジャパン・メディカル・カンパニー社外取締役。これからの医療には産業界との連携が欠かせないという考えのもと、医療人として・企業人として、双方の視点から医療の進歩に貢献している。

お子さまの頭の形でお悩みのご家族の方へ

この相談室は、医療機器メーカである株式会社ジャパン・メディカル・カンパニーが運営。赤ちゃんの頭の形に関する疑問・質問を受けつけています。
向き癖やヘルメット治療について。お悩みになっていること、もっと知りたいことなど、ぜひお気軽にご相談ください。
相談室スタッフが、専門医院のご紹介等、最適な解決策をお答えします。

PAGE TOP