• Facebook
  • Twitter
  • メール
頭の形について相談する
03-6555-4030

お問い合わせ03-6555-4030

頭のゆがみの治療法

赤ちゃんの頭の形が左右非対称のときは病院へ行くべき?

2020年6月11日

子育てをしていると気になる我が子の頭のゆがみ。なんとなく左右非対称な気もするけれど、気のせいかもしれないと悩みますね。赤ちゃんの頭が左右非対称に感じられたとき、病院を受診したほうがよいのでしょうか。今回は赤ちゃんの頭の形が気になったときの対応について解説します。ぜひ、ご覧ください。

赤ちゃんの頭の形が左右非対称になる理由

赤ちゃんの頭の形が左右非対称になる理由には、大きく分けてふたつあります。

赤ちゃんの頭のゆがみの多くは寝癖や向き癖によるもの

赤ちゃんの頭のゆがみのほとんどは、寝癖や向き癖などの外部からの圧力によるものです。赤ちゃんの頭の骨は生後の脳の急速な成長に対応するために、やわらかくできています。そのため、大人では問題ないようなちょっとした圧力でも変形しやすい状態です。

寝癖や向き癖で頭の形が左右非対称であっても、緊急度はそれほど高くありません。しかし、耳の位置や目の位置まで左右非対称の場合はゆがみが強いと考えるべきで、赤ちゃんの発達に影響が及ぶ可能性があります。

まれに病気が原因であることも

赤ちゃんの頭が左右非対称である原因として、まれに「頭蓋骨縫合早期癒合症(ずがいこつほうごうそうきゆごうしょう)」と呼ばれる病気がひそんでいることもあります。

頭蓋骨縫合早期癒合症は、何らかの原因によって通常よりも赤ちゃんの頭の骨が早くくっついてしまう病気です。通常、赤ちゃんの頭の骨は生後の脳の成長に合わせるためにいくつかのピースに分かれ、脳の成長を妨げないように少しずつそれぞれの骨がくっついていきます。しかし、頭蓋骨縫合早期癒合症では早く骨がくっついてしまうことで頭の形がいびつになってしまうのです。

頭蓋骨縫合早期癒合症になると頭のゆがみが起こるだけでなく、頭の骨が脳の成長に対応しきれないために発達に影響が生じる可能性もあります。頭蓋骨縫合早期癒合症が疑われる場合は早期の治療が必要です。

赤ちゃんの頭の形が左右非対称のときは病院へ行くべき?

「赤ちゃんの頭の形が左右非対称かもしれない」と気になる場合には、病気の可能性も考慮して一度病院で相談することをおすすめします。かかりつけの小児科の医師などに、頭のゆがみがないか見てもらいましょう。頭のゆがみの原因や程度に応じて治療を受けられる可能性があります。

頭のゆがみが軽い場合や生後3カ月未満の場合は、積極的な治療を行わずに日常生活の工夫でゆがみの改善を試みることが多いのです。成長にしたがって頭のゆがみが気にならなくなるケースもあるからです。その場合には、医師の指示にしたがいながら赤ちゃんの頭のゆがみがこれ以上進まないよう、生活の工夫をしてみてください。

赤ちゃんの頭の形が左右非対称のときの生活の工夫

赤ちゃんの頭の形が気になる場合は、どのような生活の工夫をすればよいのでしょうか。

赤ちゃんの頭のゆがみの多くは寝癖や向き癖によるものです。そのため、できるだけ寝癖や向き癖をつけないようにすることが大切です。ここでは、赤ちゃんの頭をゆがみから守るための、自宅でできる生活の工夫について見ていきましょう。

おもちゃであやす

いつも同じ向きで寝ている場合は、おもちゃであやすことで赤ちゃんの興味を引いて自発的に寝返りを打たせてみましょう。向き癖の強い赤ちゃんは、自然と頭のおさまりのよいほうを向きがちです。無理やり姿勢を変えようとすると嫌がることもあるため、赤ちゃんが楽しく寝返りを打てるように工夫してあげてください。

抱っこの向きを変える

授乳時など、つい保護者の方の利き腕のほうに頭の向きが偏って抱っこしていませんか。利き腕のほうを頭にしての抱っこはたしかに楽ですが、これも向き癖がつく原因になります。

できれば左右が偏らないように、向きを変えて抱っこをしてあげるとよいでしょう。

保護者が見ているときに腹ばいにさせる

起きているときに腹ばいにさせることも、赤ちゃんの頭のゆがみの改善を図るためにできる生活の工夫です。赤ちゃんの頭のゆがみは頭の同じ場所がベッドに長い時間接していることで起こりますから、腹ばいができる月齢になったら腹ばいをさせて、頭の接地時間を減らす工夫をしてみましょう。

ただし、腹ばいをさせたときは、窒息のリスクを考えて安全のためにお子さんから目を離さないようにしてください。

赤ちゃんの頭のゆがみが改善しない場合

生活の工夫を行っても赤ちゃんの頭のゆがみが改善しない場合は、治療を受けたほうがよいこともあります。赤ちゃんの頭のゆがみの治療として近年注目されているのが「ヘルメット治療」です。

ヘルメット治療は赤ちゃんの頭の形に合わせたオーダーメイドのヘルメットを作成し、長時間かぶることで頭の形の自然な発達をうながす治療です。1979年にアメリカで生まれてから現在までの間、頭のゆがみを持つ多くの赤ちゃんがこの治療を受けています。日本でもヘルメット治療を実施している病院が増えてきており、日本製の治療用ヘルメットも登場するなど今注目されている頭のゆがみ治療です。

ヘルメット治療は頭のゆがみを持つすべての赤ちゃんが受けられる治療ではありませんが、もしヘルメット治療を受けたいと思ったら、治療を実施している病院に一度問い合わせて受診してみてもよいでしょう。病院を受診し、頭のゆがみの程度や月齢などを考慮したうえで医師がヘルメット治療の実施が適切と判断すれば治療を受けることができます。

赤ちゃんの頭の形が気になったら医師へ相談

赤ちゃんの頭のゆがみは決してめずらしいものではありません。実際に赤ちゃんの頭のゆがみに悩む保護者の方はたくさんいらっしゃいます。

昔は「赤ちゃんの頭のゆがみは自然に治るから気にしなくてもよい」と言われていましたが、まれに病気がひそんでいることもありますし、意外に自然には治りにくい事も分かってきました。今では生活の工夫やヘルメット治療などで頭のゆがみの改善を試みることもできます。

そのため、赤ちゃんの頭の形が左右非対称かもしれない、と思ったら、一人で悩まずにまずはかかりつけの小児科の医師に相談してください。早めに相談することで保護者の方の不安も和らぎ、頭のゆがみに適切に対処できます。

監修者 橋都 浩平(はしづめこうへい) 先生

監修者橋都 浩平 先生

日本赤十字社医療センター小児外科部長、東京大学小児外科教授を歴任後、東京西徳洲会病院で総長を務める。同院を退任後、現在はメディカルノート社外取締役及びジャパン・メディカル・カンパニー社外取締役。これからの医療には産業界との連携が欠かせないという考えのもと、医療人として・企業人として、双方の視点から医療の進歩に貢献している。

日本赤十字社医療センター小児外科部長、東京大学小児外科教授を歴任後、東京西徳洲会病院で総長を務める。同院を退任後、現在はメディカルノート社外取締役及びジャパン・メディカル・カンパニー社外取締役。これからの医療には産業界との連携が欠かせないという考えのもと、医療人として・企業人として、双方の視点から医療の進歩に貢献している。

お子さまの頭の形でお悩みのご家族の方へ

この相談室は、医療機器メーカである株式会社ジャパン・メディカル・カンパニーが運営。赤ちゃんの頭の形に関する疑問・質問を受けつけています。
向き癖やヘルメット治療について。お悩みになっていること、もっと知りたいことなど、ぜひお気軽にご相談ください。
相談室スタッフが、専門医院のご紹介等、最適な解決策をお答えします。

アプリで頭の形を測定してみよう!

赤ちゃんの頭の歪みを測定するため、専門医の全面監修を受けて開発されたアプリです。撮影画像をもとに頭のゆがみ度をグラフにし、見える化。頭のゆがみ度をチェックできるとともに、医師への相談時にも役立てることができます。

app-mockup App Storeからダウンロード
app-mockup

PAGE TOP