• Facebook
  • Twitter
  • メール
電話で相談
0120-966-577
フォームから相談

お電話での相談0120-966-577

フォームから相談

頭のゆがみの治療法

子どもの頭の形がゆがんでいるのは病気? 病気の場合の頭のゆがみの特徴と対処法

2020年6月11日

デリケートな子どもの頭。お子さんの頭がゆがんでいる、もしくはゆがんでいるように見えると「病気なのではないか」と心配になりますね。子どもの頭がゆがんでいる場合、病気の可能性はあるのでしょうか。今回は、子どもの頭のゆがみと病気の可能性についてお伝えします。

子どもの頭の形がゆがんでいるのは病気なの?

子どもの頭のゆがみの多くは病気ではありません。頭が絶壁だったり後頭部が斜めになったり縦に細長くなったりしているのは、ほとんどは向き癖によるものです。向き癖は、まだ頭のやわらかい赤ちゃんの頃に左右どちらかに頭の方向が傾いた状態が続くことを指します。就寝時や抱っこ時の向き癖によって頭が変形してしまい、成長とともにゆがみが固定されてしまうことがあるのです。

子どもの頭のゆがみの多くは病気ではありませんが、まれに病気が原因となっていることもあります。頭のゆがみが生じる病気に頭蓋骨縫合早期癒合症(ずがいこつほうごうそうきゆごうしょう)があります。この病気では、生まれた頃にバラバラに分かれている赤ちゃんの頭の骨のピースが、通常よりも早くくっついてしまいます。そのため、頭の形がいびつになってしまうのです。

頭蓋骨縫合早期癒合症は頭のゆがみが生じるだけでなく、早くに骨がくっついてしまうことで赤ちゃんの脳の発達に影響を及ぼすリスクがあります。ですから、早期発見・治療が必要なのです。

子どもの頭のゆがみが病気の場合の特徴は?

病気(頭蓋骨縫合早期癒合症)が子どもの頭のゆがみの原因となっている場合は、どのような特徴があるのでしょうか。ここでは、頭蓋骨縫合早期癒合症の特徴について見ていきましょう。

いびつな頭の形

頭蓋骨縫合早期癒合症を生じた子どもの頭は、正常な子どもの頭と比べていびつな形をしています。

頭蓋骨縫合早期癒合症の頭の形にもいくつかパターンがあり、後頭部が平らになったいわゆる絶壁、後ろに突出した形、上から見たときに三角になっている形、ひし形のように横に出っ張った形、後頭部が斜めに歪んだ形、頭頂部が出っ張った形などがあります。

頭のゆがみが成長とともに強くなっている場合、あるいは後述する他の症状が現れている場合は頭蓋骨縫合早期癒合症の可能性を疑い、早めに病院を受診してください。

呼吸器の異常、眼球の異常、手足の指の異常など ※クルーゾン症候群、アペール症候群を併発している場合

頭蓋骨縫合早期癒合症は、遺伝子の異常による病気であるクルーゾン症候群、アペール症候群の症状のひとつとして現れることがあります。クルーゾン症候群、アペール症候群には、頭のゆがみのほかに呼吸器の異常や眼球の異常、手足の指の異常など、全身に症状が現れます。

頭のゆがみと合わせて呼吸がおかしかったり、目が突出しているように見えたり、手足の指の異常がみられたりする場合には病院を受診しましょう。

頭部の肥大、嘔吐、けいれんなど ※水頭症を併発している場合

頭蓋骨縫合早期癒合症とは別に、頭の中に髄液が溜まってしまう水頭症と呼ばれる病気でも頭の形の異常が起こります。水頭症が起きた場合は頭が大きくなる、嘔吐やけいれんが起こるなどの症状が出ることがあり、注意が必要です。ほかに、赤ちゃんであればなかなか泣き止まない、言葉の話せる年齢の子どもであれば頭痛を訴えることもあります。

頭蓋骨縫合早期癒合症やアペール症候群、クルーゾン症候群、水頭症などの病気かどうか正確に診断するためには、X線検査やCT検査などが必要です。頭のゆがみにともなって子どもの様子がいつもと違う、おかしいと感じたら早めに病院を受診しましょう。

明らかにぐったりしている場合には救急車の利用や救急外来の利用も検討してください。

子どもの頭の形が気になったときはどうすべき?

子どもの頭の形が気になった場合は、どうすればよいのでしょうか。頭のゆがみ以外の症状がみられなければ病院を受診すべきか迷う方も多いでしょう。

結論から言えば、頭のゆがみが気になったら一度医師に相談することをおすすめします。子どもの頭のゆがみが病気によるものかどうかは、医師の診断を受けないとわからないからです。まずはかかりつけの小児科の先生に相談することをおすすめします。

また、最近では大病院を中心に子どもの頭の専門外来を設けているところもあります。専門外来には小児科医だけでなく脳神経外科医、形成外科医などの頭の形に関する専門性を持つ医師が在籍しているため、専門的な診療を受けたい場合は活用してもよいでしょう。

医師に子どもの頭のゆがみを相談する場合には、症状についてのメモを用意しておくと診療がスムーズです。頭のゆがみがいつ頃始まったか、時間の経過とともに歪みが強くなっているか、ゆがみのほかに気になる症状がないか、睡眠時間や食欲などをメモしておくと良いでしょう。

子どもの頭のゆがみは治療できる?

子どもの頭のゆがみが気になると、治療で改善できるかどうか気になる方も多いでしょう。頭のゆがみの原因やゆがみの程度によっては、治療で変形の改善を期待できます。

手術

頭蓋骨縫合早期癒合症の場合は頭の骨のゆがみを矯正する手術が必要です。頭の骨が成長しないことによる脳への圧迫を避けるために手術が行われます。変形が広範囲に及ぶ前の生後1歳以下の段階で手術をすることが一般的です。

ヘルメット治療

ヘルメット治療は頭蓋骨縫合早期癒合症などの病気が原因でない頭のゆがみに対して行われる治療です。子どもの頭の形に合わせたヘルメットを作って長時間かぶることで、正常な頭の形へと導きます。

ヘルメット治療は赤ちゃんの頭の骨のやわらかさを利用した治療です。治療開始に最適な時期は生後3カ月〜7カ月とされ、その時期を過ぎると治療効果が下がると言われています。そのため、治療時期を逃さないためにも早めの受診がおすすめです。

子どもの頭のゆがみが気になったら早めの受診を

子どもの頭のゆがみの多くは病気が原因ではありませんが、中には病気がひそんでいる場合もあり、その場合には発育への影響も考えて早めの治療が必要です。病気が原因ではなくても、放っておくと頭のゆがみが進行することも考えられます。

子どもの頭のゆがみが気になったらまずは一度病院を受診して、医師にご相談ください。

監修者 橋都 浩平(はしづめこうへい) 先生

監修者橋都 浩平 先生

日本赤十字社医療センター小児外科部長、東京大学小児外科教授を歴任後、東京西徳洲会病院で総長を務める。同院を退任後、現在はメディカルノート社外取締役及びジャパン・メディカル・カンパニー社外取締役。これからの医療には産業界との連携が欠かせないという考えのもと、医療人として・企業人として、双方の視点から医療の進歩に貢献している。

日本赤十字社医療センター小児外科部長、東京大学小児外科教授を歴任後、東京西徳洲会病院で総長を務める。同院を退任後、現在はメディカルノート社外取締役及びジャパン・メディカル・カンパニー社外取締役。これからの医療には産業界との連携が欠かせないという考えのもと、医療人として・企業人として、双方の視点から医療の進歩に貢献している。

お子さまの頭の形でお悩みのご家族の方へ

この相談室は、医療機器メーカである株式会社ジャパン・メディカル・カンパニーが運営。赤ちゃんの頭の形に関する疑問・質問を受けつけています。
向き癖やヘルメット治療について。お悩みになっていること、もっと知りたいことなど、ぜひお気軽にご相談ください。
相談室スタッフが、専門医院のご紹介等、最適な解決策をお答えします。

PAGE TOP