お電話でのご相談

受付時間:平日9時~17時 / 土曜日9時~14時(日祝休み)

子育てについて 頭のかたちは本当に気にしなくて良い?ゆがみと「向き癖」の関係とは

赤ちゃんの頭は柔らかく、そのかたちが変わりやすいことから「うちの子は正常かしら?」とお悩みの親御さまは少なくないでしょう。

自然に治るから気にしなくていいよ!とアドバイスをくれる人がいたり、放っておいたら危険という声があったりと、何を信じるべきかわかりづらいうえ、他の子と頭のかたちが違えば不安にもなってしまいますよね。

そこで今回は、赤ちゃんの頭のかたちは自然に治るのか、といった悩みを解消するために、気になるかたちのポイントや、ゆがみや向き癖との関連について詳しく解説します。

赤ちゃんの頭のかたちにはどんな種類がある?

赤ちゃんの頭のかたちが気になる方も多いかと思いますが、まずはどんな状態がいわゆる「気になる状態」なのか一緒に見ていきましょう。

下図は、赤ちゃんの頭のかたちのゆがみを頭の真上から捉えたイラストです。

全体的にゆがんでいたり、頭蓋骨そのものが変形してしまっているように見えますね。

赤ちゃんの頭のゆがみは、その形状によって主に3つの種類に分けられます。

  • 斜頭症…頭部が斜めにゆがんでいる状態
  • 長頭症…頭が縦に長く伸びていて、後頭部が大きく突き出している状態
  • 短頭症…後頭部が平らになっている状態

まずは赤ちゃんの頭のかたちを改めてよく見て、どのようにゆがんでいるかを確かめてみましょう。

頭のかたちがゆがんでいるって病気なの?

赤ちゃんの頭のかたちのゆがみには、病気が関連しているものとそうでないものがあります。

病気によって頭のかたちがゆがんでいる場合

病気の場合は、頭蓋骨縫合早期癒合症と呼ばれる病気が原因の場合があります。

頭蓋骨縫合早期癒合症とは、頭蓋骨の継ぎ目が何らかの原因で早くくっついてしまい、ゆがんだ形になってしまうことをいいます。

産まれたばかりの赤ちゃんの頭蓋骨は、大人のものとは異なり、いくつかのパーツに分かれています。柔らかい脳の表面に、複数の骨のパーツが隙間を開けて並んでいるイメージです。

 

出典:一般社団法人 日本頭蓋顎顔面外科学会

 

通常は成長に伴い、この隙間が骨化して閉じていくのですが、頭蓋骨縫合早期癒合症は、この頭蓋骨のつなぎ目が何らかの理由で通常よりも早く骨化して閉じてしまう病気のことを言います。

赤ちゃんの脳の大きさは、産まれてから生後2歳までに3倍に成長するとも言われています。

しかしその成長よりも先に、「入れ物」である骨が一部分不自然に固まってしまうことで、頭蓋骨が赤ちゃんの脳の成長に合わせて拡大することができなくなり、いびつな形状になってしまうのです。

その場合、脳の発達に悪影響が出る場合があるので、頭のゆがみの原因に関しては、早いうちに頭のかたちの専門医の診断を受けましょう

病気以外の理由で頭のかたちがゆがんでいる場合

病気が関連しない場合は、出産時の圧力が原因で頭のかたちが変わっていることが考えられます。

特に初産や双子で子宮内が狭い場合や、出産時に産道が狭い場合には人工的に赤ちゃんを母親の体外に引っ張り出す必要がある場合など、頭のかたちがゆがむ傾向にあります。

また赤ちゃんの頭のかたちには、「向き癖」も関係しています。

向き癖とは、赤ちゃんの頭が偏った方向ばかりを向いている状態のことです。

向き癖の原因には、子宮内や出産で生じた頭の変形によるもの、斜頸などのほかに、育児において、いつも同じ頭の向きで寝かせていたり、抱っこのときに毎回同じ向き、などがあり、あたまのゆがみの原因となります。

ドーナツ枕を使ったり、こまめに頭の向きを変えてあげて対策をとっている方も少なくないと思いますが、大切な赤ちゃんのためとはいえ、ずっと続けていると体力的にも精神的にも疲れてきてしまいますよね。

向き癖は自然に治る!と言われても、隠れた病気が原因にあったり、頭のゆがみが自然に治らない場合も多いことから、周りの意見を気にしてはいけないという親御さんの声もありますので、不安や育児の負担を抱えたまま様子見にしておくのは避けたほうが良いでしょう。

このように頭のかたちがゆがむ原因はさまざまで、実際に診察を受けてみないとゆがみが病気と関連しているかの判断は簡単ではありません。

頭蓋縫合早期癒合症などの病気を見逃してしまったり、本来なら治せるはずのゆがみが放置される場合もあるので、自己判断で診察を受けないと決めるのも避けましょう。

少しでも違和感を感じたら、すぐに頭のかたちの専門医に相談することをおすすめします。

頭のかたちの他に気にすべきポイント

赤ちゃんの頭のゆがみが気になる場合は、頭部の他にもゆがみが生じている可能性がある場所を調べてみてください

たとえば、生後2〜3週頃に赤ちゃんの首にしこりがあったり、いつも首をかしげていたりすると「斜頚(しゃけい)」という病気の症状が出ている可能性があります。

頭のゆがみとともに嘔吐やけいれんがある場合には「水頭症」が疑われます。

また稀ではありますが、クルーゾン症候群アペール症候群といった先天性の病気によって頭のゆがみが起きていることもあり、注意が必要です。これらの病気は頭のゆがみのほかに手足の指の異常、眼球の突出、呼吸の異常などが一緒になって現れることがあります。

まとめ|頭のかたちが気になったらまずは相談を!

今回は、赤ちゃんの頭の気になるかたちについて解説しました。

ゆがみや絶壁、長さなど、赤ちゃんの頭のかたちは変化が表れやすいです。また、自然に治るから、という周りの声を鵜呑みにして放置してしまうと、病気に気づけない危険性があります。

向き癖が関連してくる場合もありますので、少しでも頭のかたちが気になったら、専門医に相談するようにしましょう。頭のかたちを綺麗にするために、ヘルメット治療を検討してみるのも良いでしょうかもしれません。

赤ちゃんの頭のかたちが気になっている方はもちろん、今後に備えて情報を持っておきたいという方もぜひ今回の内容を参考にしてください。

日下康子医師
日下康子医師

1989年、東北大学医学部卒業、東北大学脳神経外科入局。1997年、東北大学医療技術短期大学講師。2000年、東北大学医学部脳神経外科講師。2002年、米国フェニックス、St. Joseph’s Hospital and Medical Center, Barrow Neurological Institute 臨床研修留学。2004年、ドイツ:ハノーバー、International Neuroscience Institute 脳神経外科 臨床研修留学。2004年〜2014年、東京慈恵医科大学脳神経外科講師。2014年〜脳神経外科・脳ドック、リハビリテーション病院、人間ドック・検診クリニック部長、院長、内科・整形外科クリニック、訪問診療、と総合診療を経験ののち、2018年より医療法人社団ICVS東京クリニック勤務。2019年、同クリニック院長・理事、現在に至る。

ご相談の流れ

STEP.1

本サイトから
相談

こちらのフォームより相談内容をご入力の上「相談する」ボタンをクリック。

STEP.2

スタッフに
無料相談

後日、相談室スタッフよりご連絡。スタッフにお悩みをお伝えください。

STEP.3

診察を希望される
場合

予約日に指定の病院にて診察。ゆがみの原因はさまざま、専門医に診てもらい悩みを解消させましょう。

お電話でのご相談

0120-966-577《受付時間》 平日9時~17時 / 土曜日9時~14時

《受付時間》
平日9時~17時 / 土曜日9時~14時

Webからは24時間ご相談受付中

アプリで頭の形を測定してみよう 頭のゆがみがわかるアプリ赤ちゃんの頭のかたち測定

赤ちゃんの頭の歪みを測定するため、専門医の全面監修を受けて開発されたアプリです。撮影画像をもとに頭のゆがみ度をグラフにし、見える化。頭のゆがみ度をチェックできるとともに、医師への相談時にも役立てることができます。

ダウンロードはこちら

無料ダウンロードはこちら