• Facebook
  • Twitter
  • メール
頭の形について相談する
03-6555-4030

お問い合わせ03-6555-4030

頭のゆがみと発育

赤ちゃんの頭の形、いつまで気をつければ良い?

2020年2月27日

我が子を見ているとつい気になってしまう頭の形。「よく見たら変形しているかも?」と心配になることもあるでしょう。赤ちゃんの頭の変形はいつ頃に現れて、いつまで気にしたほうがよいのでしょうか。今回は赤ちゃんの頭の変形が現れる時期と、頭の変形で気をつけるべき点について見ていきましょう。

赤ちゃんの頭の変形はいつ現れる?

赤ちゃんの頭はとてもやわらかくちょっとした外部の圧力で変形しやすい状態です。赤ちゃんの頭の変形はいつ現れるのでしょうか。

生まれる前からすでに変形していることもある

赤ちゃんの頭は、生まれる前、つまり子宮の中にいるときや出産時にすでに変形していることがあります。具体的には多胎(例:双子、三つ子)など子宮内の圧迫された環境によるものや、難産、吸引分娩、逆子の状態での出産といった出産時の圧力によるものです。

このようにな子宮内もしくは出産時における外部からの圧力の影響により、赤ちゃんの頭の変形が生じることがありますが、この場合の頭の変形は、程度によってはその後改善されることもあります。

生後の向き癖で頭の変形が起こる場合も

赤ちゃんの頭の変形の最も一般的な要因は、生後の向き癖です。向き癖とは赤ちゃんの頭や体の向きが左右いずれかの一方向に偏っている状態を指します。

もともと頭のゆがみが生じていると、赤ちゃんはより頭のバランスが安定する方向を好んで寝るようになります。この向き癖によって頭の変形がさらに進行していくのです。

また、新生児集中治療室(NICU)で治療上横向きに長期間寝かされた場合や常に同じ向きで抱っこしている場合も向き癖がついてしまい、頭の変形が誘発されることがあります。

頭の変形で気をつけるべき点

赤ちゃんの頭の変形を放っておくことはおすすめできません。赤ちゃんの頭の変形が気になる場合、以下の点に注意して赤ちゃんの様子を見て、医師に相談しましょう。

頭の変形の程度や進み具合

赤ちゃんの頭の変形の程度や変形の進み具合をチェックしましょう。赤ちゃんの頭が明らかにゆがんでいたり、目や耳の位置が左右非対称になっていたりしていないでしょうか。また、月齢が進むにつれて頭の変形が強くなっていないでしょうか。

上記に当てはまる場合は、治療が必要なこともあります。一度病院を受診し、頭の変形について相談してみましょう。

頭の変形以外の気になる症状の有無

赤ちゃんの頭の変形のほかに、気になる症状がないかも確認しましょう。生後2〜3週頃に首のしこりが気になったり、いつも首をかしげたりしている場合は「斜頚(しゃけい)」と呼ばれる症状が疑われます。

頭の変形とともに嘔吐やけいれんがある場合は水頭症が、手や足の指の異常や呼吸の異常、眼球の突出が見られる場合はクルーゾン症候群、アペール症候群などの遺伝性の病気の可能性が考えられます。

特に、水頭症やクルーゾン症候群、アペール症候群では病気が進行すると発育や発達に影響を与えるリスクがあることから手術が必要となります。頭の変形に合わせて上記のような気になる症状が現れている場合は、早めに医師の診察を受けてください。

いつまでに受診・治療すればよいのか

頭の変形のほかに気になる症状があるかどうかにより緊急度は変わります。なお、どちらの場合も受診先は小児科です。

赤ちゃんの頭の形をいつまで気にしたほうがよいのかについては、赤ちゃんの発育上、2歳までは頭の変形について気にしてあげたほうがよいと考えられます。

頭の変形のほかに気になる症状がない場合

頭の変形のほかに気になる症状がない場合は、緊急性はそれほど高くないと考えられます。しかし、頭の変形だけが問題であっても,何かの病気が隠れている可能性は否定できません。変形が気になった時点で一度受診したほうがよいでしょう。

仮に向き癖などの外部圧力による頭の変形だったとしても、ヘルメット療法などの頭の変形を矯正する治療の有効性の観点から遅くとも生後6カ月までには受診することをおすすめします。

頭の変形が軽いケースや生後3カ月未満のケースでは、寝る向きや抱っこの向きを変える体位変換で様子を見ても良いでしょう。

頭の変形のほかに気になる症状がある場合

頭の変形のほかに気になる症状がある場合は、なるべく早めの受診が望ましいです。先ほども述べたように治療が必要な病気が潜んでいる可能性があります。受診時には、頭の変形のほかに気になる症状や、発症時期、赤ちゃんの様子などをメモしておくなどして、医師にきちんと赤ちゃんの状態を伝えられるようにしておくと診断の助けになります。

もし、赤ちゃんがぐったりしているなど明らかに様子がおかしい場合は救急車の利用や救急外来の受診も検討してください。

まとめ

赤ちゃんの頭の変形は、生まれる前からすでに現れていることもあれば、生まれた後の環境によって現れることもあります。また、頭の変形の中には注意したほうがよいものあります。早期に受診することで、医師による診断、治療、助言を受けることができるため、赤ちゃんの頭の変形が気になったらなるべく早く受診するとよいでしょう。

監修者 橋都 浩平(はしづめこうへい) 先生

監修者橋都 浩平 先生

日本赤十字社医療センター小児外科部長、東京大学小児外科教授を歴任後、東京西徳洲会病院で総長を務める。同院を退任後、現在はメディカルノート社外取締役及びジャパン・メディカル・カンパニー社外取締役。これからの医療には産業界との連携が欠かせないという考えのもと、医療人として・企業人として、双方の視点から医療の進歩に貢献している。

日本赤十字社医療センター小児外科部長、東京大学小児外科教授を歴任後、東京西徳洲会病院で総長を務める。同院を退任後、現在はメディカルノート社外取締役及びジャパン・メディカル・カンパニー社外取締役。これからの医療には産業界との連携が欠かせないという考えのもと、医療人として・企業人として、双方の視点から医療の進歩に貢献している。

お子さまの頭の形でお悩みのご家族の方へ

この相談室は、医療機器メーカである株式会社ジャパン・メディカル・カンパニーが運営。赤ちゃんの頭の形に関する疑問・質問を受けつけています。
向き癖やヘルメット治療について。お悩みになっていること、もっと知りたいことなど、ぜひお気軽にご相談ください。
相談室スタッフが、専門医院のご紹介等、最適な解決策をお答えします。

アプリで頭の形を測定してみよう!

赤ちゃんの頭の歪みを測定するため、専門医の全面監修を受けて開発されたアプリです。撮影画像をもとに頭のゆがみ度をグラフにし、見える化。頭のゆがみ度をチェックできるとともに、医師への相談時にも役立てることができます。

app-mockup App Storeからダウンロード
app-mockup

PAGE TOP