お電話でのご相談

受付時間:平日9時~17時 / 土曜日9時~14時(日祝休み)

赤ちゃんが生まれると、沐浴や授乳、抱っこなどで赤ちゃんに触れ合う機会も多くなりますよね。

そんなときに「頭のかたちがゆがんでいるような気がする…」と感じたことはありませんか?

生後2ヶ月頃の赤ちゃんは筋肉も成長してきて手足をバタバタさせるなど、動きが活発になってきます。

頭のかたちを気にしてドーナツ枕を使っていても、目を離した隙にずり落ちているなんてこともしばしば…気付いた時には頭のかたちがゆがんでしまっていることも少なくありません。

赤ちゃんの頭のかたちは外からのちょっとした刺激で、変形しやすいのが特徴です。頭のかたちの変形は、思春期を迎えた時にコンプレックスを抱く原因にもなりかねません。

本記事では赤ちゃんの頭のかたちについて解説すると共に、頭のかたちの専門医に相談した方が良い理由を解説します。

生後2ヶ月頃の赤ちゃんの頭は変形しやすい

赤ちゃんの頭のかたちはとても変形しやすく、このことを専門用語で頭蓋変形と呼びます。

赤ちゃんの頭蓋変形は、多くのママやパパが抱えている問題です。

生まれて間もない赤ちゃんの頭蓋骨は、下図のように、生後1歳半頃まではいくつかのパーツとして脳の表面に隙間を開けて並んでいます

身体が発達するにつれ、2歳頃になるとこの隙間が閉じてきて硬くなってきますが、それまでは外部からの圧力や衝撃などの刺激で簡単に変形しやすい状態となっているのです

 

出典:一般社団法人 日本頭蓋顎顔面外科学会

 

頭蓋変形の原因は?

生後2ヶ月頃の赤ちゃんの頭はとても柔らかく、外部からの圧力によって変形してしまうことはごく自然なことです。

原因は、大きく分けて3つあります。

  • 同じ向きで寝る向き癖がついてしまっている
  • 頭蓋骨が変形する病気である
  • 出生前の胎内での位置関係や出産時の難産などで、頭にかかる圧が高かった

生後2ヶ月頃の赤ちゃんの頭蓋変形のもっとも多い原因の一つが、寝る時の「向き癖 」です。

生後2ヶ月頃までの赤ちゃんは寝返りを打つことができないため、同じ向きで長時間寝ることが多いでしょう。すると頭の一部に圧力がかかることにより、頭蓋変形となりやすいのです。

また出産時、難産の場合に行われる「吸引分娩」も原因の一つになることがあります。吸引カップを赤ちゃんの頭に吸いつけて引っ張り出す方法で、この時の力により頭のかたちがゆがんでしまうからです。

このように日々の生活や出産前後時の状況で、赤ちゃんの頭のかたちがゆがんでしまうことはよくあることです。

赤ちゃんの頭のかたちがゆがんでしまっても、頭蓋骨がやわらかいうちは矯正することもできるので、安心してくださいね。

ただし一番怖いのが病気が原因で起こる頭蓋変形です。このケースについては後半で詳しく解説します。

頭蓋変形の3つの種類

頭蓋変形は、見た目の違いによって呼び方が変わります。代表的な3つを見ていきましょう。

1. 斜頭症

頭のかたちが左右非対称で、頭の一部が扁平となっている状態です。

斜頭症では耳の位置が左右で非対称だったり、頬部が出っ張ったりと顔面にゆがみが出る可能性があります。

2. 長頭症

頭の前後幅が横幅に比べて異常に長くなっている状態です。

おでこや後頭部に隆起や突出があり、頭を上や横から見ると、明らかに長くなっていることが分かります。

3. 短頭症

日本人に多く見られる頭のかたちで、頭の横幅が長く、後頭部が丸みを帯びずに平らになっている状態です。

別名「絶壁」といいます。

赤ちゃんの頭のかたちは自然には治らない

赤ちゃんの頭のかたちは「自然に治るよ」や「様子を見よう」と言われることが多いですが、実際はどうなのでしょうか?

軽度のゆがみである場合は、髪の毛が生え揃うことによって頭蓋変形が目立たなくなることはありますが、残念ながら頭のかたちが自然に治ることは、基本的にはありません。

頭のかたちを治そうとして、向き癖矯正クッションやタオルなどを使っているご家庭も多いでしょう。

それでも生後2ヶ月頃の赤ちゃんは、手足をバタバタさせることができるようになり、色々なものに興味を持ち出します。体動が激しくなると、クッションやタオルから滑り落ちてしまうこともあり、思うようにいかないのが実情ですよね。

もし、自宅での対策で期待している効果が出ていないのであれば、頭のかたちのプロである専門医に相談してみると良いでしょう

専門医の診察を受けることにより、「我が子の頭のかたちは正常なのかどうか」や「頭のかたちの治療方法」など疑問が解決するはずです。

頭のゆがみを放置しておくリスク

楽観的に考えられることが多い赤ちゃんの頭蓋変形ですが、放置していると以下のようなリスクが発生しますので、確認しておきましょう。

1. 稀に病気が原因の場合もある

稀ですが、頭蓋縫合早期癒合症(ずがいほうごうそうきゆごうしょう)という病気が原因で頭蓋変形がおきる場合があります。

前述したとおり、生後間もない赤ちゃんの頭蓋骨はいくつかのパーツに分かれています。パーツごとのつなぎ目を頭蓋縫合と呼び、この頭蓋縫合が何らかの理由で早期にくっついてしまうのが、頭蓋縫合早期癒合症です。

この場合、脳が正常に発達できず、運動能力や知能の発達に影響が出てしまう可能性があります。早期に手術を検討する必要がある病気です。

2. 将来頭のかたちがコンプレックスになる

成長してもかたちがゆがんだままでいると、思春期や、大人になってから、頭のかたちが原因で好きな髪型に挑戦できなかったり、コンプレックスを抱いてしまったりする可能性があります。

頭のかたちがゆがんでいることを周りに茶化されたり、ゆがみを隠そうと髪型で苦労したりと我が子が嫌な思いをした経験をブログに書かれている親御さんもいらっしゃいます。

3. 運動能力や知能の発達にも影響する可能性がある

頭蓋変形は見た目の問題だけではなく、お子さまの運動能力や知能の発達にも影響が出る可能性があります。

実際に海外では、病気が原因ではない頭蓋変形の場合でも、運動能力や知能の発達に遅れを伴う報告がされています。

Matthew L.S, et al.“Case-Control Study of Neurodevelopment in Deformational Plagiocephaly.” Pediatrics 2010 125(3), e537 –e542

頭のかたちを治す方法はある?

一度変形してしまった赤ちゃんの頭のかたちは、残念ながら自然に元のかたちに戻ることはありません

しかし、頭が柔らかいうちであれば、矯正することが可能です。矯正する方法を2つ紹介します。

ドーナツ枕や向き癖矯正クッション

ご自宅で矯正できて多くの方が取り組まれているのが、「ドーナツ枕」などです。

生後2ヶ月ごろの赤ちゃんは寝返りが打てないので、一定の方向で長時間寝てしまうことで生じる「向き癖」が頭蓋変形の原因 として考えられます。

ドーナツ枕や向き癖矯正クッションは、そうした赤ちゃんの向き癖を治し、頭蓋変形をなおすことを目的としたアイテムです。

比較的安く手軽に取り組めるメリットがありますが、赤ちゃんがドーナツ枕を嫌がったり、目を離したうちに枕からずり落ちたりすると、矯正の効果が薄れてしまうのが難点といえます。

特に生後2ヶ月頃の赤ちゃんは手足をバタバタさせることができるようになり、体動が激しくなりますよね。枕やクッションからもずり落ちやすくなるので、寝ている間も定期的に見張っている必要があります。

ママやパパの苦労の割には、効果が出ないという声もあります。

ヘルメット治療

頭のかたちを治す方法に、「ヘルメット治療」と呼ばれるものがあります。

ヘルメット治療とは、頭のかたちのゆがみを治すために、赤ちゃんに矯正治療用のヘルメットを長時間かぶってもらうことで自然な頭のかたちに頭蓋骨を成長させていく医療行為のことです。

適正開始時期:生後2〜6ヶ月
治療期間  :6ヶ月〜1年、平均6ヶ月
費用    :約40万円〜

ヘルメット治療は1990年代に米国で始まりました。

米国発祥の治療方法なので、以前は日本でも米国製のヘルメットを使って治療をしていましたが、2010年頃からは日本の赤ちゃんに合わせて軽量化され、日本の高温多湿の気候に対応し、肌トラブルの回避や通気性を考慮して作成されたメイドインジャパンのヘルメットが登場しています

これにより、ヘルメット治療は日本でも認知度が高まりつつあります。

また赤ちゃんの頭のかたちを矯正するのであれば、頭蓋骨が柔らかいうちに対応する必要があります。具体的には生後2~6ヶ月頃が最適な治療開始の時期と推奨されます。

頭のかたちは専門医に相談しよう

日本人は病気が原因ではない場合、頭のかたちに対して楽観的な考えをする傾向にあります。

我が子の頭のかたちが気になっても、周りの人から「考えすぎだよ」や「自然に治るよ」と言われ、3ヶ月目まで待ってみよう、と判断を先延ばしにしている方もいらっしゃるかもしれませんね。

確かに、ママやパパだけでは、生後2~3ヶ月頃の赤ちゃんの頭のかたちを矯正した方が良いかどうか判断するのは難しいでしょう。そんな時に頼ってほしいのが、頭のかたちの専門医です。

頭のかたちの専門医とは?

赤ちゃんの頭のゆがみに関する専門外来 です。頭のかたちや治療方法に特化した正しい知識を元に、ご家族の安心につながる情報やアドバイスをもらうことができます。

▼相談できる内容(例)

  • 頭蓋縫合早期癒合症ではないか?
  • 我が子の頭のゆがみは矯正した方が良いか?
  • 治療するのであれば、適性時期はいつか?
  • 治療方法の選択肢や費用

前述したとおり頭のかたちをゆがんだまま放置していると、様々なリスクに直面する恐れがあります。

専門医への訪問前に、オンラインフォームや電話での無料相談もできますので、赤ちゃんの頭のかたちが気になったら、できるだけ早めに相談してみてくださいね。

まとめ|頭のかたちはご家族だけで悩まずに専門医に相談しよう

生後2ヶ月頃の赤ちゃんは寝返りを打つことができず、向き癖によって頭蓋変形が起こりやすくなっています。

一度頭蓋変形になってしまうと、自然に元のかたちに戻ることはありません。重度のゆがみの場合は、矯正を検討する必要もあります。

ヘルメット治療などで頭のかたちを矯正するには、適切な時期があります。

赤ちゃんの頭のかたちが少しでも気になるのであれば、まずは頭のかたちのプロである専門医に早めに相談してみましょう

ご家族だけで悩まずに、専門医に相談することがで、ご家族、お子様の将来の笑顔につながることをお祈りしています。

日下康子医師
日下康子医師

1989年、東北大学医学部卒業、東北大学脳神経外科入局。1997年、東北大学医療技術短期大学講師。2000年、東北大学医学部脳神経外科講師。2002年、米国フェニックス、St. Joseph’s Hospital and Medical Center, Barrow Neurological Institute 臨床研修留学。2004年、ドイツ:ハノーバー、International Neuroscience Institute 脳神経外科 臨床研修留学。2004年〜2014年、東京慈恵医科大学脳神経外科講師。2014年〜脳神経外科・脳ドック、リハビリテーション病院、人間ドック・検診クリニック部長、院長、内科・整形外科クリニック、訪問診療、と総合診療を経験ののち、2018年より医療法人社団ICVS東京クリニック勤務。2019年、同クリニック院長・理事、現在に至る。

ご相談の流れ

STEP.1

本サイトから
相談

こちらのフォームより相談内容をご入力の上「相談する」ボタンをクリック。

STEP.2

スタッフに
無料相談

後日、相談室スタッフよりご連絡。スタッフにお悩みをお伝えください。

STEP.3

診察を希望される
場合

予約日に指定の病院にて診察。ゆがみの原因はさまざま、専門医に診てもらい悩みを解消させましょう。

お電話でのご相談

0120-966-577《受付時間》 平日9時~17時 / 土曜日9時~14時

《受付時間》
平日9時~17時 / 土曜日9時~14時

Webからは24時間ご相談受付中

アプリで頭の形を測定してみよう 頭のゆがみがわかるアプリ赤ちゃんの頭のかたち測定

赤ちゃんの頭の歪みを測定するため、専門医の全面監修を受けて開発されたアプリです。撮影画像をもとに頭のゆがみ度をグラフにし、見える化。頭のゆがみ度をチェックできるとともに、医師への相談時にも役立てることができます。

ダウンロードはこちら

無料ダウンロードはこちら