お電話でのご相談

受付時間:平日9時~17時 / 土曜日9時~13時(日祝休み)

赤ちゃんの頭のゆがみが気になったら、どこに相談したら良いのでしょうか?

今回は、ヘルメット治療開始までの流れや、受診するときの注意点などを紹介します。

頭のかたちが心配になったら、どこに相談する?

赤ちゃんの頭のかたちが心配になったら、頭のゆがみを診てくれる医療機関に相談しましょう。

頭のかたち外来」や「頭蓋変形外来」という名前で、大学病院や総合病院、こども病院など、比較的規模の大きな病院に外来が設けられていることが多いです。

最近では、小児科のクリニックに特殊外来として設けられている場合や、赤ちゃんの頭のかたち専門のクリニックもできています。

医療機関によって異なりますが、下記のような診療を行っています。

▼主な診察内容

ヘルメット治療 短頭症・長頭症・斜頭症など、頭のゆがみを矯正する治療
位置的頭蓋変形症
(いちてきずがいへんけいしょう)
外部からの圧力で赤ちゃんの頭がゆがんでしまう症状
頭蓋骨縫合早期癒合症
(ずがいこつほうごうそうきゆごうしょう)
赤ちゃんの成長に合わせて分かれている頭蓋骨のピースのつなぎ目(頭蓋縫合)が通常より早くくっついてしまう病気

なお、赤ちゃんの頭のゆがみの診療には、小児脳神経外科や形成外科の医師があたることが多いです。

小児科と何が違うの?

赤ちゃんの診断なら、「一般の小児科じゃダメなの?」と思うかもしれません。

小児科の医師は子どもに関連する疾患全般に対応しますが、脳神経外科の医師は頭部の病気、形成外科の医師は病気やけがなどで問題が生じた部位の改善を専門とします。

つまり、頭のゆがみを診てくれる医療機関は、一般の小児科では十分にカバーできない頭部の病気や頭のゆがみに対応できるのです。

ヘルメット治療を始めるまでの流れは?

医療機関によって異なりますが、おおまかな診察の流れは病院探しの段階も含めて以下の通りです。

1. 頭のゆがみを診てくれる医療機関を探す

まずはお住まいの地域で頭のゆがみを診てくれる医療機関を探しましょう。

初診予約が必要な場合や、紹介状が必要な場合がありますので、医療機関のホームページで確認したり、直接医療機関への問い合わせをおすすめします。

2. 医療機関を受診する

医療機関を受診し、赤ちゃんの頭のゆがみを診察してもらいましょう。

検査は、CT・レントゲン・エコー検査・3Dスキャナでの撮影などがあります。

この段階で万が一何らかの疾患が見つかった場合、ヘルメット治療の前に発覚した疾患の治療が優先される場合があります。

3. 頭のゆがみの程度を診断

先に治療すべき疾患がなければ頭のかたちを計測し、赤ちゃんの頭の程度を診断します。

ヘルメット治療を検討するゆがみがあり、ご家族が希望した場合はヘルメットの作成に入っていきます

4. 赤ちゃんに合わせたヘルメットを作成

ヘルメット治療を受けることが決まったら、ヘルメットを作成していきます。

3Dスキャナで読み取ったデータをもとに、一人ひとりの赤ちゃんに合わせたヘルメットを作成します。

ヘルメットの作成には、2週間ほどみておくと良いでしょう。

5. ヘルメット治療開始

ヘルメットが届いたら、いよいよヘルメット治療開始です。

治療期間は約6ヶ月で、2〜6週ごとにヘルメットの調整・経過をみていきます。

頭蓋骨のゆがみの改善度と、大泉門という頭蓋骨の隙間の閉じ具合や頭蓋骨の硬さなどから治療終了時期が判断されます。

関連する記事

ヘルメット治療の費用は?安くない理由、初診や通院方法も解説

初診の注意点は?

初診時には以下の点に注意しましょう。

受診の準備はお早めに!

ヘルメット治療は、赤ちゃんの頭がやわらかいうちに始める必要があります。

生後2〜6ヶ月の間に治療を開始すると効果が得られやすいとされておりますので、それを踏まえた上で準備を始めましょう。

ヘルメット作成までに2週間程度の時間がかかりますし、医療機関の混雑状況により初診予約が数ヶ月先になってしまうこともありますので、早めにお問い合わせをして受診の準備をしましょう。

紹介状や初診の内容・費用を確認しよう

医療機関によってはかかりつけ医からの紹介状が必要だったり、紹介状がない場合は別途費用がかかってしまうことがあります。受診する前に確認しておきましょう。

初診ではどのような検査を行うのか、初診から自由診療となるのか保険が適用されるのかなども確認しておくと安心です。

まとめ|医療機関に相談してアドバイスをもらおう

今回は頭のゆがみを診てくれる医療機関やヘルメット治療開始までの流れについて紹介しました。

「頭のかたち外来」や「頭蓋変形外来」などは、赤ちゃんの頭のゆがみの診断や治療ができる専門的な外来になりますが、赤ちゃんの頭のかたちに悩む方に向けた外来です。

赤ちゃんの頭のゆがみが気になったら、まずは気軽に相談してみましょう。

日下康子医師
日下康子医師

1989年、東北大学医学部卒業、東北大学脳神経外科入局。1997年、東北大学医療技術短期大学講師。2000年、東北大学医学部脳神経外科講師。2002年、米国フェニックス、St. Joseph’s Hospital and Medical Center, Barrow Neurological Institute 臨床研修留学。2004年、ドイツ:ハノーバー、International Neuroscience Institute 脳神経外科 臨床研修留学。2004年〜2014年、東京慈恵医科大学脳神経外科講師。2014年〜脳神経外科・脳ドック、リハビリテーション病院、人間ドック・検診クリニック部長、院長、内科・整形外科クリニック、訪問診療、と総合診療を経験ののち、2018年より医療法人社団ICVS東京クリニック勤務。2019年、同クリニック院長・理事、現在に至る。

ご相談の流れ

STEP.1

本サイトから
相談

こちらのフォームより相談内容をご入力の上「相談する」ボタンをクリック。

STEP.2

スタッフに
無料相談

後日、相談室スタッフよりご連絡。スタッフにお悩みをお伝えください。

STEP.3

診察を希望される
場合

予約日に指定の病院にて診察。ゆがみの原因はさまざま、専門医に診てもらい悩みを解消させましょう。

お電話でのご相談

0120-966-577《受付時間》 平日9時~17時 / 土曜日9時~13時

《受付時間》
平日9時~17時 / 土曜日9時~13時

Webからは24時間ご相談受付中

アプリで頭の形を測定してみよう 頭のゆがみがわかるアプリ赤ちゃんの頭のかたち測定

赤ちゃんの頭の歪みを測定するため、専門医の全面監修を受けて開発されたアプリです。撮影画像をもとに頭のゆがみ度をグラフにし、見える化。頭のゆがみ度をチェックできるとともに、医師への相談時にも役立てることができます。

ダウンロードはこちら

無料ダウンロードはこちら