お電話でのご相談

受付時間:平日9時~17時 / 土曜日9時~14時(日祝休み)

ヘルメット治療をしようと思ったときに、気になるポイントの一つが「赤ちゃんの肌荒れ」でしょう。

  • 肌荒れすると赤ちゃんが心配
  • 肌荒れしすぎるとヘルメットがつけられなくなる
  • そもそもアトピー持ちなので不安

といった理由から、ヘルメット治療そのものに対して後ろ向きになっている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ヘルメットは長時間かぶっていても、しっかりと対策をすれば肌荒れが起きるリスクをぐっと下げることができます

そこで本記事では、ヘルメット治療での肌荒れの原因や対策についてのお役立ち情報を紹介します。

ヘルメットによる肌荒れの原因は?

生まれたばかりの赤ちゃんは、アレルギーや生活環境によるものでなくても、皮脂が過剰に分泌されることによって起こる脂漏性皮膚炎(クリーム色のかさぶた)などさまざまな肌荒れを起こしてしまいます。

なかでもヘルメットによる肌荒れの原因の多くは、あせもかぶれによるものです。

特にヘルメット治療中は1日23時間など長い間ヘルメットをかぶった状態なので、頭が蒸れやすくなってしまい、あせもやかぶれができやすくなります

▼ポイント

赤ちゃんの肌は大人の肌と比べて順応性が高く、治療を開始してしばらくすれば肌トラブルが落ち着くこともあります。

また、アレルギーが起きにくいよう、ヘルメット内側の肌に接する部分にアレルギー性の低い素材を使用するなど工夫した製品もあります。

そのため、定期的に医師に診てもらって対処しているのであれば肌トラブルについて過剰に心配する必要はないでしょう

他にも、ヘルメットをつけていることに慣れないうちは、月齢が高い場合、赤ちゃんが嫌がって自らヘルメットを外してしまうことがあります。

そのときに爪で自分の頭を強く引っ掻いてしまい、傷がついて肌荒れしてしまう可能性もあります

赤ちゃんの頭にかぶれやあせもができたらどうする?

赤ちゃんによって個人差はあるものの、ヘルメット治療を開始してしばらくは何かしらの肌トラブルが起きる可能性があることを知っておくと、肌トラブルが起きた際にも冷静に対処できます。

赤ちゃんの頭にかぶれやあせもができたら、まずはヘルメット治療を担当している医師に相談しましょう

症状に合わせて肌の炎症を抑える薬を処方してもらえます。処方される薬について不安な場合は医師や薬剤師にしっかりと尋ねてください。

また、頭皮にかぶれやあせもが起きていても、髪の毛が邪魔をして肌の状態が見えにくい場合があります。

赤ちゃんがヘルメットの装着を嫌がったり、着用中に激しく泣いたり嫌がったりするときには肌トラブルも考えられます。日々、赤ちゃんの状態をしっかりと観察して、こまめなケアを心がけてあげてください。

日常生活でできる赤ちゃんの肌荒れ対策

大切な赤ちゃんが肌荒れしないようにしてあげられることとして、普段から以下の点を意識してあげると良いでしょう。

  • 汗をこまめに拭く
  • 入浴は毎日させる
  • ヘルメットの内側を定期的に掃除する
  • 爪を切る

それぞれについて詳しく解説します。

1. 汗をこまめに拭く

あせもやかぶれは、汗が皮膚に溜まってしまうことによって起こります。そこで赤ちゃんの汗は放置せずこまめに拭いてあげましょう

汗をかきやすい夏場は特に注意が必要です。

また、汗を拭くときには、なるべく赤ちゃんの肌を傷つけないように柔らかいタオルで優しく拭き取ってあげましょう。

どうしても汗が引かない場合は、赤ちゃんの服装や部屋の温度などを変えてみるのも良いかもしれません。

2. 入浴は毎日させる

入浴中はヘルメットを外し、できるだけ毎日お風呂に入れてあげましょう

汗を流すこともできますし、清潔を保つことも肌荒れ防止に繋がります。

頭を洗う時には赤ちゃん用のシャンプーで優しく洗ってあげましょう。入浴後にはしっかり水分を拭き取ることも忘れずにしてください。

3. ヘルメットの内側を定期的に掃除する

ヘルメットを清潔にしておかないと、汚れや雑菌が原因で肌荒れしてしまうことがあります

なるべく毎日ヘルメットを掃除して、綺麗な状態に保ってあげましょう

掃除の時は、ヘルメットの内側を中心にアルコールが含まれたタオルなどでしっかり除菌することも大切です。

ヘルメット治療期間は1年ほどと長いので、念のために無香料のスプレー(ヘルメット専用のもの)で消臭もしておきましょう。

4. 爪を切る

ヘルメットを外したとき、赤ちゃんが頭を引っ掻いてしまうことがあります。

赤ちゃんが自分で肌を傷つけてしまわないように、こまめに爪を切ってあげましょう

また、赤ちゃんの頭を拭く時などに傷つけてしまわないよう、ママとパパも爪を切っておくと安全です。

ヘルメットが肌を守ってくれることもある?

ヘルメットをかぶることが、赤ちゃんの肌に良い影響を与えることもあります。

例えば、肌荒れの解消に処方された薬を塗って、その状態でヘルメットをかぶれば保湿・持続効果が得られるときです。

薬を塗ったあと清潔なガーゼ等を当ててからヘルメットをかぶせると、赤ちゃんが自ら触ってしまうことも防げます。

もちろん肌荒れを起こさないようにケアすることが第一ですが、ヘルメット自体が肌荒れの治療効果を促進する役割を持つこともあるのです

アトピー性皮膚炎の赤ちゃんでもヘルメット治療を受けられる?

アトピー性皮膚炎の赤ちゃんでもヘルメット治療を受けられることがあります。

アトピー性皮膚炎とは、皮膚のバリア機能の低下により、皮膚炎が出たり、治ったり、を繰り返し、悪循環になった状態です。

アトピー性皮膚炎の改善には肌の保湿が重要ですが、ヘルメット装着により頭皮のうるおいが保たれるため、ヘルメット治療を受けられない理由にはなりません

もし不安な場合は、事前に皮膚科の医師にも相談しておくことをおすすめします。

まとめ|赤ちゃんが快適に過ごせるよう、こまめなお肌ケアを欠かさずに!

今回はヘルメット治療による赤ちゃんの肌荒れについて触れてきました。

ヘルメット治療での肌荒れは必ず防げる訳ではありませんが、こまめなケアをすることで赤ちゃんにとってもストレスがない治療ができます。

肌荒れの原因や対策について理解し、常に意識しておくだけでも十分な予防になりますよ。

ヘルメット治療での肌荒れに悩んでいる方にとって、今回紹介した本記事の内容が少しでも参考になれば幸いです。

日下康子医師
日下康子医師

1989年、東北大学医学部卒業、東北大学脳神経外科入局。1997年、東北大学医療技術短期大学講師。2000年、東北大学医学部脳神経外科講師。2002年、米国フェニックス、St. Joseph’s Hospital and Medical Center, Barrow Neurological Institute 臨床研修留学。2004年、ドイツ:ハノーバー、International Neuroscience Institute 脳神経外科 臨床研修留学。2004年〜2014年、東京慈恵医科大学脳神経外科講師。2014年〜脳神経外科・脳ドック、リハビリテーション病院、人間ドック・検診クリニック部長、院長、内科・整形外科クリニック、訪問診療、と総合診療を経験ののち、2018年より医療法人社団ICVS東京クリニック勤務。2019年、同クリニック院長・理事、現在に至る。

ご相談の流れ

STEP.1

本サイトから
相談

こちらのフォームより相談内容をご入力の上「相談する」ボタンをクリック。

STEP.2

スタッフに
無料相談

後日、相談室スタッフよりご連絡。スタッフにお悩みをお伝えください。

STEP.3

診察を希望される
場合

予約日に指定の病院にて診察。ゆがみの原因はさまざま、専門医に診てもらい悩みを解消させましょう。

お電話でのご相談

0120-966-577《受付時間》 平日9時~17時 / 土曜日9時~14時

《受付時間》
平日9時~17時 / 土曜日9時~14時

Webからは24時間ご相談受付中

アプリで頭の形を測定してみよう 頭のゆがみがわかるアプリ赤ちゃんの頭のかたち測定

赤ちゃんの頭の歪みを測定するため、専門医の全面監修を受けて開発されたアプリです。撮影画像をもとに頭のゆがみ度をグラフにし、見える化。頭のゆがみ度をチェックできるとともに、医師への相談時にも役立てることができます。

ダウンロードはこちら

無料ダウンロードはこちら