お電話でのご相談

受付時間:平日9時~17時(土日祝休み)

医院紹介 鹿児島市立病院【鹿児島県鹿児島市】

鹿児島県鹿児島市にあるヘルメット治療が受診できる医療機関【鹿児島市立病院 脳神経外科】についてご紹介しています。

赤ちゃんの頭のかたちにお悩みのある方は、ぜひお気軽にご相談ください。

診療科概要:脳神経外科

頭蓋骨には赤ちゃんの頃から成人になるまで骨縫合と言われる骨の継ぎ目があります。

この部位から新しい骨ができていくことで、頭蓋骨が大きくなっていくのですが、まれに骨癒合が乳児期から小児期の間に閉鎖(癒合)して頭蓋骨が大きくなれず、さらに変形してしまうことがあります(頭蓋骨縫合早期癒合症)。

当院では、早期に診断された場合の治療選択の一つとして「内視鏡支援下頭蓋開溝術および術後ヘルメット療法」を実施しています。

診療受付時間

<初診日、ヘルメット治療開始、通院日>第1火曜日

日・祝
午前
午後

※第1火曜日のみ

※受診時は、事前に電話でお問い合わせください

アクセス

◾️ 所在地
〒890-8760 鹿児島市上荒田町37番1

◾️ 市電でお越しの方
市電 2系統(鹿児島駅前⇔郡元)
「市立病院前」停留所 にて下車

◾️ バスでお越しの方

▼鹿児島交通

・15-2、26番線:「市立病院前」バス停下車

・76番線:「市立病院」バス停下車

▼南国交通

・29番線:「市立病院前」バス停下車

・30番線:「市立病院前」バス停下車

◾️ 電車でお越しの方

▼JR鹿児島本線、指宿枕崎線

「鹿児島中央駅」下車後、鹿児島中央駅前(東口)にて、鹿児島市電(郡元方面行き)またはバスにお乗り換えください

担当医師

大吉 達樹 先生
日本小児神経外科学会認定医

悩んでいる親御様へのメッセージ

ヘルメット療法は最近注目されている低侵襲な治療法ですが、生後3ヶ月までが治療のリミットです。

お子さんの頭のかたちにお悩みの方は、ぜひお気軽にご相談ください。

ヘルメット治療の流れ

ヘルメット治療とは、赤ちゃんの頭のゆがみを改善するために行われる治療のことです。

赤ちゃんの頭の骨はやわらかいため、日常生活のちょっとしたことでゆがんでしまいます。

こうしたゆがみを改善するために、頭蓋形状矯正ヘルメットをかぶることで自然な頭のかたちに頭蓋骨を成長させていく治療が「ヘルメット治療」です。

Step1:レントゲンまたはCTで検査をする

レントゲンまたはCTで検査をし病的な頭蓋変形(頭蓋縫合早期癒合症)でないかを確認します。

Step2:ゆがみレベルをスキャン

頭部全体を3Dスキャナー機器を利用して、頭の形状を測定・解析します。

診察では視診・触診から重症度を判定し、診察時の月齢を考慮したうえでヘルメット治療の適応を判断します。

Step3:ヘルメットをつくる

3Dスキャナー撮影データをもとに、現在の変形した頭の形から、矯正後の最終的な頭の形を想定したオーダーメイドのヘルメットを作成します。

※ヘルメットの構造イメージ

Step4:治療スタート

治療申込時から2週間前後、ヘルメット装着を開始。

基本的には入浴以外の1日23時間、6ヶ月前後の装着を推奨しています(個人によって期間が異なります)。

Step5:定期的な診察

約1か月ごとに診察で頭蓋変形の改善度を確認し、また頭の成長や矯正された改善度に合わせてヘルメットの微調整を行います。

約6か月の診察期間の中でも3Dスキャナー機器を利用して、頭の形状を測定していきます。

Step6:治療終了

治療終了時期は、矯正された頭蓋変形の改善度、頭蓋成長の度合い、治療に必要な装着時間の確保の有無などを基に、医師が判断します。

ご相談の流れ

STEP.1

本サイトから
相談

こちらのフォームより相談内容をご入力の上「相談する」ボタンをクリック。

STEP.2

スタッフに
無料相談

後日、相談室スタッフ(tel:0120627430)よりご連絡。スタッフにお悩みをお伝えください。

STEP.3

診察を希望される
場合

予約日に指定の病院にて診察。ゆがみの原因はさまざま、専門医に診てもらい悩みを解消させましょう。

お電話でのご相談

0120-627-430《受付時間》 平日9時~17時

《受付時間》
平日9時~17時

Webからは24時間ご相談受付中

アプリで頭の形を測定してみよう 頭のゆがみがわかるアプリ赤ちゃんの頭のかたち測定

赤ちゃんの頭の歪みを測定するため、専門医の全面監修を受けて開発されたアプリです。撮影画像をもとに頭のゆがみ度をグラフにし、見える化。頭のゆがみ度をチェックできるとともに、医師への相談時にも役立てることができます。

ダウンロードはこちら

無料ダウンロードはこちら