お電話でのご相談

受付時間:平日9時~17時(土日祝休み)

ほとんどの市区町村で行われている「3,4ヶ月健診」。通い慣れた出産病院で行う1ヶ月健診とは違い、どこでどんな風に受けるのかわからず、不安に思うママパパも多いと思います。

また、首すわりなどの変化が大きい時期なので、健診でどんなことを診てもらえるのか、指摘されるのか、事前に知っておきたいですよね。

この記事では、3,4ヶ月健診の持ち物や服装、チェック項目、よくある質問や、気になる頭のゆがみについても解説します。

3,4ヶ月健診は義務?

1ヶ月健診が終わったと一息ついていたら、すぐに3,4ヶ月健診の通知がきて驚いている方もいるかもしれません。

3,4ヶ月健診は、市町村が必要に応じて行っている健診で、受診が義務ではありません。しかし、赤ちゃんにとって生後3〜4ヶ月はからだの発達の大きな節目の時期なので、3,4ヶ月健診はぜひ受けておきたい健診です。

また、ほとんどの市区町村では3,4ヶ月健診の後に、9,10ヶ月健診が実施されています。

3,4ヶ月健診はいつ・どこで・どうやって受けるの?

3,4ヶ月健診は、3ヶ月頃に行くべきなのか、4ヶ月を過ぎた頃で良いのか迷いますよね。

受診の目安は、首がすわった頃ですが、特に決まりはありません。生後3〜4ヶ月であれば、いつでも受診できるので安心してくださいね。

また、自治体によって受診方法が異なり、指定の医療機関で受ける「個別健診」と、保健センター等で受ける「集団健診」のどちらかになります。

3,4ヶ月健診は公費で行っている自治体がほとんどです。自治体から送られてくる受診票を持参すると、無料で受けることができますよ。

生後5ヶ月以降の乳幼児健診には、ほとんどの市区町村が任意で行っている9〜10ヶ月健診、すべての子どもが受ける1歳6ヶ月児健診、3歳児健診があります。

地域によってはその他の月齢でも健診を実施しているので、お住まいの自治体ホームページを確認してみましょう。

チェック項目

下記に、3,4ヶ月健診の主なチェック項目をまとめました。

  • 身長、体重、胸囲、頭囲
  • からだの状態
  • 股関節のひらき
  • 頚(首)がすわっているか
  • 原始反射の様子
  • 筋性斜頸や股関節脱臼の有無
  • 笑い声・発声など
  • 目つきや目の動き
  • 音や声かけへ反応するか

ミルクの量が足りているのか心配、体重の増え方が気になる…など、何か気になることがあれば先生に相談することもできます。

3,4ヶ月健診の持ち物、服装

下記に、3,4ヶ月健診に必要な持ち物をまとめました。地域によっても持ち物が異なるので、お住まいの自治体のホームページを確認すると良いでしょう。

  • 母子手帳
  • 記入済みの受診票・問診票・アンケート
  • 健康保険証
  • 乳児医療証
  • 病院の場合は診察券
  • 赤ちゃんのお世話グッズ(おむつ替えセットや着替え、授乳ケープ、ミルクセットなど)
  • おもちゃなど

地域によっては、大人数での集団健診になり、待ち時間が長い場合があります。赤ちゃんがお腹を空かせたり喉がかわいたりすることがあるため、授乳ができるよう準備しておきましょう。また、お気に入りのおもちゃがあると安心です。

赤ちゃんの服装は、健診で服を脱ぐため、脱ぎ着させやすい前開きの肌着やカバーオールなどがよいでしょう。

赤ちゃんの移動方法は、抱っこ紐かベビーカーが便利です。また、健診場所にベビーカーを置けるスペースがあるか、あらかじめ確認しておくことをおすすめします。集団健診の場合は待ち時間が長くなるので、「抱っこ紐」があると便利ですよ。

【Q&A】3,4ヶ月健診でよくある質問

ここでは3,4ヶ月健診でママやパパから聞かれることの多い項目について説明します。

首がすわった頃に受けた方が良いですか?いつ頃すわりますか?

多くの赤ちゃんの首がすわるのは生後3〜4ヶ月ですが、赤ちゃんによって個人差があります。
3,4ヶ月健診は首すわり以外の項目も確認するため、健診日が決まっている場合は首がすわっていなくても変更せずに受けることがおすすめです。

首がすわってないときに受けたら再健診になりますか?

再健診になることもあるようです。
首すわりは徐々に完成されるものなので、現段階でどの程度すわっているかも確認されます。

体重が平均より下回っていて心配です

生後3〜4ヶ月頃には出生時の約2倍の体重になると言われています。出生体重にもよるため、母子手帳に記載されている体重増加のグラフを付け、右上がりになっているか確認しましょう。
場合によってはミルクの量を調整する必要があるかもしれません。

股関節の開きが悪いのですが股関節脱臼なのでしょうか?

股の動きがスムーズか、異常な音がしないかを確認します。その他に、足の長さ、左右の長さ、左右の足のシワの本数が同じであることもポイントになります。
これらの確認をし、気になることがあれば病院受診をするとよいでしょう。

3,4ヶ月健診で予防接種を受けることはできますか?

病院での健診の場合、赤ちゃんが健康でタイミングがよければ同時に受けられる小児科もあるようです。事前に問い合わせてみるとよいでしょう。

3,4ヶ月健診を受けなかったらどうなりますか?

健診に行かなかった場合は、自治体や病院が状況確認のために電話をしたり、必要に応じて家庭訪問をすることがあります。
長期入院していて健診に行けない、基礎疾患で受診をしており定期的に発育のチェックをしてもらっているなどの場合は、その旨を伝え相談してください。

向き癖があり頭がゆがんでいるのですが戻りますか?

向き癖による赤ちゃんの頭のゆがみ(頭蓋変形)は、自然に治る場合もありますが、確実ではありません。頭の向きをこまめに変えることが大切です。
しかし、一度ゆがむとますます向き癖が強くなっていきます。中等度以上の頭のゆがみが生じている場合は、そのまま平坦面を下にして寝る回数を重ねるほどに癖も強くなり、自然に治るのはむずかしいと言われています。
関連記事では、ゆがむ原因や対策を解説しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

3,4ヶ月頃の頭のゆがみは専門家に相談しよう

赤ちゃんの頭について「ゆがんでいるものだよ」「成長すれば治るよ」と周りから言われたことはないでしょうか。

なかには様子をみた結果、ゆがみが改善されなかった、病気が原因だった、という方もいらっしゃいますので、3,4ヶ月頃に赤ちゃんの頭がゆがんでいる場合は専門家へ相談し、治療について検討することをお勧めします。

また頭のゆがみ改善する方法として、ヘルメットによる矯正治療があります。ヘルメット療法とは、赤ちゃんの頭のかたちに合わせた専用のヘルメットを装着することで、頭への圧を適切に分散し、頭のゆがみを矯正していく頭蓋形状矯正治療法のことです。

頭のゆがみ具合やヘルメット治療の必要性の有無は、頭のかたちの専門家への相談や、頭のかたち外来を受診しましょう。

なぜ放っておいてはいけないの?

頭のかたちのゆがみには頭蓋骨縫合早期癒合症(ずがいこつほうごうそうきゆごうしょう)という、脳の病気が隠されていることがあります。すぐに治療を開始しなくては、脳の発達に支障が出る場合があります。

病的なものでなくても、 頭のかたちのゆがみによって運動発達や知力・言語力の発達に遅れを伴ったり、視覚や顎、歯、首の疾患(斜頸)などに影響したりすることがあると言われています。

頭部や顔面のゆがみが大きいと、目の位置が左右でずれることによる視覚面や斜視、歯並びの悪さによる歯の病気、顎のゆがみや顎関節症、首や肩への痛み、側湾などのリスクが伴います。

また、頭のかたちは見た目のコンプレックスにも関わります。頭、髪の毛、耳や目の位置のゆがみによって、お子さまが将来的にコンプレックスを抱えてしまうかもしれません。左右で耳や目の位置が違うので綺麗に眼鏡をかけられない、自転車用ヘルメットが装着できなかったなどの例も報告されています。

頭のゆがみは気にしなくてもよいと安易に放っておくのではなく、一度専門家へ相談してみると安心ですね。

ヘルメット治療の推奨期間は生後2〜6ヶ月

ヘルメット治療の推奨期間は、頭のやわらかさなどから生後2〜6ヶ月となっています。

装着期間は平均で6ヶ月、長くて1年程度ですが、生後3ヶ月など早期に開始できれば3,4ヶ月程度でゆがみが改善される場合もあります。

専門の病院の予約期間や、ヘルメット治療を行うことになったときのヘルメット作成期間を考えると、なるべく早い時期に相談、予約をすることをおすすめします。

まとめ|3,4ヶ月健診当日は育児の悩みを相談する機会にしよう

3,4ヶ月健診は、ほとんどの自治体が無料で実施しており、保健センターや病院で行います。集団健診では待ち時間が長くなることがあるので、持ち物や移動手段などの対策を知り、準備できると安心ですね。

赤ちゃんの成長が著しく首すわりなど変化の大きい生後3,4ヶ月頃は、育児の中で悩みや疑問も増えていきます。その頃に受ける健診は、赤ちゃんの発育を確認し、ママの悩みを解消するとてもよい機会です。

頭のゆがみのように専門家へ早めに確認してもらう方がよい症状もあるので、気軽なウェブ相談や初診予約をぜひ活用してみてくださいね。

日下康子医師
日下康子医師

1989年、東北大学医学部卒業、東北大学脳神経外科入局。1997年、東北大学医療技術短期大学講師。2000年、東北大学医学部脳神経外科講師。2002年、米国フェニックス、St. Joseph’s Hospital and Medical Center, Barrow Neurological Institute 臨床研修留学。2004年、ドイツ:ハノーバー、International Neuroscience Institute 脳神経外科 臨床研修留学。2004年〜2014年、東京慈恵医科大学脳神経外科講師。2014年〜脳神経外科・脳ドック、リハビリテーション病院、人間ドック・検診クリニック部長、院長、内科・整形外科クリニック、訪問診療、と総合診療を経験ののち、2018年より医療法人社団ICVS東京クリニック勤務。2019年、同クリニック院長・理事、現在に至る。

ご相談の流れ

STEP.1

本サイトから
相談

こちらのフォームより相談内容をご入力の上「相談する」ボタンをクリック。

STEP.2

スタッフに
無料相談

後日、相談室スタッフ(tel:0120627430)よりご連絡。スタッフにお悩みをお伝えください。

STEP.3

診察を希望される
場合

予約日に指定の病院にて診察。ゆがみの原因はさまざま、専門医に診てもらい悩みを解消させましょう。

お電話でのご相談

0120-627-430《受付時間》 平日9時~17時

《受付時間》
平日9時~17時

Webからは24時間ご相談受付中

アプリで頭の形を測定してみよう 頭のゆがみがわかるアプリ赤ちゃんの頭のかたち測定

赤ちゃんの頭の歪みを測定するため、専門医の全面監修を受けて開発されたアプリです。撮影画像をもとに頭のゆがみ度をグラフにし、見える化。頭のゆがみ度をチェックできるとともに、医師への相談時にも役立てることができます。

ダウンロードはこちら

無料ダウンロードはこちら