お電話でのご相談

受付時間:平日9時~17時 / 土曜日9時~14時(日祝休み)

頭のゆがみの基本 赤ちゃんの「斜頭症」とは?知っておきたいリスク、対策を解説

赤ちゃんの左右対称ではない部分的にたいらな気がする…。こうした症状は「斜頭症」かもしれません。

斜頭症とは、頭のかたちの一部が平たくなっている状態のことです。赤ちゃんの頭部を真上から見たり、頭を撫でると違和感を感じるため、成長に問題がないか不安に感じるママやパパも少なくないでしょう。

日本では昔から「自然に治るから様子を見よう」と言われることが多いですが、そのまま放置していても本当に問題ないのでしょうか?

そこで本記事では、斜頭症の特徴や原因知っておきたいリスクや対策について詳しく解説します。

赤ちゃんの「斜頭症」とは?

赤ちゃんの斜頭症は、赤ちゃんの頭を上から見たときに頭部の片側が斜めに歪んでいる状態のことを言います。

後頭部のゆがみが進行すると耳の位置が左右で非対称になったり、前頭が斜めになると頬部が出っ張ったりと、頭だけでなく顔面にもゆがみが生じるという特徴があります。

ふとしたときに、お子さまの頭蓋骨が「綺麗な丸ではないな」と感じたら、耳の位置や顔面が左右非対称になっていないか、実際に見てみてください。

赤ちゃんの頭を上から見て、左右の耳の位置が大きくずれている場合は、「ゆがんでいる」と言えるでしょう。

▼斜頭症の主な特徴

  • 頭のかたちが左右非対称
  • 頭の一部が扁平になっている
  • 左右の耳の位置が大きくずれている

ゆがみが進行すると治療が必要になるケースもありますが、頭のかたちの専門家でない人が見ても、ゆがみのレベルは正確に判断しにくいのが事実です。

赤ちゃんの斜頭症の原因は?

赤ちゃんが斜頭症になる原因はいくつか考えられます。

大前提として、生まれたばかりの赤ちゃんの頭蓋骨は、大人のそれとは異なりとても柔らかくなっています。

さらに、生後1歳半頃までは下図のように頭蓋骨がいくつかのパーツに分かれており、脳の表面に隙間を開けて並んでいます

 

出典:一般社団法人 日本頭蓋顎顔面外科学会

 

そのため生後2年頃までの赤ちゃんの頭は、頭蓋骨が完全に出来上がっているわけではなく、外部からの刺激によって私たちの想像よりも簡単に変形してしまう恐れがあります。

斜頭症の原因はこうした背景によるものですが、ここでは、病気が原因のケースと、日常生活が原因のケース(出産時・産後)の3つを解説します。

1. 頭蓋骨縫合早期癒合症になっている

1つ目は、頭蓋骨縫合早期癒合症(ずがいこつほうごうそうきゆごうしょう)と呼ばれる病気が原因の場合です。

前述の通り、新生児の頭蓋骨のパーツは通常バラバラになっており、生後2年間で約4倍の大きさにも成長する脳の成長に伴って、1歳半〜2歳頃を目安に隙間が徐々に骨化してつながっていきます

ところがこの骨の連結(骨癒合)がなんらかの理由で早く起きてしてしまうと、早期に癒合した部分では骨が成長できなくなるため、頭蓋骨は全体としていびつな形に成長してしまい、脳の正常な成長を妨げてしまう場合があります。

このように頭蓋縫早期合癒合症が原因である斜頭症の場合、赤ちゃんの頭蓋骨が正常に拡大しないことで頭蓋内圧が高くなり脳の発達に影響を及ぼすことがあります

早期に手術を検討する必要があるので、明らかな違和感を感じるときはすぐに頭のかたちの専門家に相談しましょう。

2. 寝るときに「向き癖」がついている

病気ではなく日常生活のなかで斜頭症になってしまう場合、もっとも大きな原因の一つは、「赤ちゃんの寝かせ方」です。

うつ伏せで寝かしつけてしまうと窒息の恐れがあるため、赤ちゃんを仰向けや横向きで寝かせる傾向があります。

実際に、赤ちゃんを仰向けや横向きで寝かせることにより、窒息などのリスクは軽減します。しかし、下になっている一部の頭部に一定方向からの圧力、赤ちゃん自身の脳重量での圧力がかかり続けるようになり、頭蓋骨の成長(ふくらみ)を妨げます

その結果、柔らかい赤ちゃんの頭蓋骨が部分的に平坦になってしまうのです。

関連する記事

赤ちゃんの向き癖を治すには?頭のかたちへの影響も解説

3. 出産時に難産だった

出産時に産道が狭く赤ちゃんが自力で胎外に出ることが難しい場合、「吸引分娩」が行われるときがあります。

吸引分娩では、赤ちゃんの頭に吸引カップを装着して、体外に引き出します。その吸引の力によって、赤ちゃんの柔らかい頭蓋骨が変形してしまうこともあります。

赤ちゃんの斜頭症は見た目のコンプレックスになる場合も

斜頭症の原因がわかったところで、お子さまの頭のかたちは果たして放っておいても問題がないのか気になってきた方もいるのではないでしょうか。

結論、赤ちゃんの頭のかたちに問題があるかないかを、頭のかたちの専門家ではない親御さま自身で正確に判断するのは容易ではありません

寝かせ方や難産が原因の後天的な斜頭症の場合は、脳の発達が阻害されるリスクは低いとされています。

しかし斜頭症は頭のかたちのバランスが左右非対称なため、目や耳の位置が左右で一致しなくなってしまう可能性があります。そうすると、将来的に外見が原因で、子どもがコンプレックスを抱くことがあるかもしれません。

また斜頭症が原因で、歯並びやかみ合わせが悪くなるケースもあります。十分な歯磨きを行えないと、虫歯や歯周病のリスクも高まるでしょう。

このように頭のかたちのゆがみは、ただ見た目の問題として捉えられるものではなく、心理面や健康面において二次的なリスクにつながる可能性があることも知っておきましょう。

赤ちゃんの斜頭症を治す方法は?

赤ちゃんの頭のかたちがいびつでも「自然に治るよ」と周りに言われたことはあるでしょうか。

ドーナツ型の枕やタオルを使って、向き癖を矯正しようと毎晩奮闘されているご家族も多いかと思います。

しかし、赤ちゃんの斜頭症は時間が経って目立たなくなることはあっても、自然に治ることはありません

そこでご家庭での対策に限界を感じている方に向けて、下記の方法をお伝えします。

ポイント1:頭のかたちの専門医に相談してみる

赤ちゃんの頭のかたちが少しでも気になったら、まずは専門医に頼ってみるのが一番です。

ここでの専門医とは、赤ちゃんの頭のゆがみに関する専門外来を指します。

頭のかたちやその治療に特化した正しい知識を元に、安心につながる情報やアドバイスをもらうことができますよ。

▼相談できる内容(例)

  • 我が子は斜頭症なのか?
  • 斜頭症の場合、治療は必要なのか?
  • 治療方法の選択肢や費用
  • 頭蓋骨縫合早期癒合症ではないか?

専門外来の訪問前に、オンラインフォームや電話での無料相談もできますので、ぜひご活用ください。

ポイント2:頭蓋骨が柔らかいうちに治療を検討する

斜頭症が重度の場合は、頭のかたちの矯正を検討する必要があります。

その治療法の一つが、「ヘルメット治療」です。

赤ちゃんの頭のかたちを矯正するためには、頭蓋骨が柔らかいうちに治療を開始することが肝心です。具体的には生後2~6ヶ月頃までに治療を開始することが理想とされています。

赤ちゃんの頭蓋骨は生まれたての頃はとても柔らかいですが、月齢が進むにつれてだんだんと硬くなっていきます

頭蓋骨が硬くなって形が固定されると、頭のかたちの矯正が難しくなっていくのです。赤ちゃんの頭のかたちの治療は時間との戦いともいえます。

ヘルメット治療をおこなうかどうかは、専門医に相談してから判断することができます。

まずは手遅れにならないうちに、頭のかたちの専門医の診断・アドバイスを受けてみてはいかがでしょうか?

まとめ|1人で悩まずに、専門医に相談してみよう

斜頭症は、昔から「自然に治る」といわれたり、「個性の一つ」として見過ごされるケースが多くありました。

しかし、赤ちゃんの斜頭症は自然に治ることがなく、見た目がコンプレックスになったり、発達障がいの原因となったりと、二次的なリスクを含んでいます。

赤ちゃんの頭のかたちに少しでも不安を感じたら、将来の子どものことを考えて、頭のかたちのプロである専門医の話を聞いてみましょう。

日下康子医師
日下康子医師

1989年、東北大学医学部卒業、東北大学脳神経外科入局。1997年、東北大学医療技術短期大学講師。2000年、東北大学医学部脳神経外科講師。2002年、米国フェニックス、St. Joseph’s Hospital and Medical Center, Barrow Neurological Institute 臨床研修留学。2004年、ドイツ:ハノーバー、International Neuroscience Institute 脳神経外科 臨床研修留学。2004年〜2014年、東京慈恵医科大学脳神経外科講師。2014年〜脳神経外科・脳ドック、リハビリテーション病院、人間ドック・検診クリニック部長、院長、内科・整形外科クリニック、訪問診療、と総合診療を経験ののち、2018年より医療法人社団ICVS東京クリニック勤務。2019年、同クリニック院長・理事、現在に至る。

ご相談の流れ

STEP.1

本サイトから
相談

こちらのフォームより相談内容をご入力の上「相談する」ボタンをクリック。

STEP.2

スタッフに
無料相談

後日、相談室スタッフよりご連絡。スタッフにお悩みをお伝えください。

STEP.3

診察を希望される
場合

予約日に指定の病院にて診察。ゆがみの原因はさまざま、専門医に診てもらい悩みを解消させましょう。

お電話でのご相談

0120-966-577《受付時間》 平日9時~17時 / 土曜日9時~14時

《受付時間》
平日9時~17時 / 土曜日9時~14時

Webからは24時間ご相談受付中

アプリで頭の形を測定してみよう 頭のゆがみがわかるアプリ赤ちゃんの頭のかたち測定

赤ちゃんの頭の歪みを測定するため、専門医の全面監修を受けて開発されたアプリです。撮影画像をもとに頭のゆがみ度をグラフにし、見える化。頭のゆがみ度をチェックできるとともに、医師への相談時にも役立てることができます。

ダウンロードはこちら

無料ダウンロードはこちら