お電話でのご相談

受付時間:平日9時~17時 / 土曜日9時~14時(日祝休み)

頭のゆがみの基本 長頭症とは?特徴や原因、今すぐ取るべき対策やリスクを解説

我が子の頭を横から見たら、なんとなく長い気がする…。それは、もしかすると「長頭症」と呼ばれる頭のかたちのゆがみかもしれません。

生まれたばかりの赤ちゃんの頭は柔らかく変形しやすいため、「放っておけば自然に治るよ」「様子を見よう」と楽観視する声も聞かれますが、場合によっては早急に治療が必要なケースもあります。

そこで本記事では、長頭症の特徴や原因、また知っておきたいリスクや対策について解説します。

長頭症とは?

長頭症(ちょうとうしょう)は頭のかたちの一種で、頭の前後幅が横幅に比べて異常に長くなっている状態を指します。

おでこや後頭部に隆起や突出があり、頭のかたちを上からや横から見ると、頭が明らかに長くなっていることが特徴です。

赤ちゃんの長頭症の原因は?

赤ちゃんが長頭症になってしまう原因は、主に3つあります。

横を向いて寝る癖がついている

長頭症になりやすい原因の一つが、赤ちゃんの寝かせ方です。長頭症になってしまう赤ちゃんの多くは、長時間横向きで寝ている傾向にあります。

生まれて数ヶ月の間、赤ちゃんの頭蓋骨はとても柔らかく、一定方向に圧力がかかり続けることで変形してしまうのです。

特にNICU(新生児集中治療室)で治療を受けている赤ちゃんは、長頭症になりやすいといえます。これは、NICUでの処置の関係で横向きに寝かされていることが多いためです。

一度長頭症になってしまうと、仰向けで寝ることが難しく、ドーナツ型の枕を活用してもなかなか元には戻りません

実際に、枕を嫌がる赤ちゃんを一晩中抱っこしていなければいけない…など、苦労しているご家庭も少なくないでしょう。

出産時に逆子や吸引分娩だった

母親の子宮の中や、出産時の環境によっても長頭症となる場合があります。

特に逆子の赤ちゃんは、頭が伸びたような状態で出てくることが多く、長頭症になりやすいとされています。

また吸引分娩の場合も、赤ちゃんの頭に吸着カップを付けて引き出すため長頭症になりやすいと考えられます。

矢状縫合早期癒合症になっている

矢状縫合早期癒合症(しじょうほうごうそうきゆごうしょう)、頭蓋骨のつなぎ目が何らかの原因で早く骨化して癒合してしまう頭蓋骨縫合早期癒合症という病気の一種です。

赤ちゃんの頭の骨は生後約半年は柔らかいのですが、この場合は頭蓋骨のつなぎ目が通常よりも早くに骨化癒合し、癒合部分での骨の成長を阻害してしまい、頭蓋骨が変形してしまいます。

頭蓋骨が部分的に固着していると、脳の成長に合わせて頭蓋骨が正常に拡大していくことができません。

成長すべき脳の発達阻害、頭蓋内圧の亢進、発達障害などのリスクを伴いますので、早期癒合症の可能性が考えらえる場合はすぐに専門家に相談しましょう。

長頭症は自然に治る?知っておきたいリスクについて

赤ちゃんの頭のかたちを楽観的に考えるケースが多くあります。

赤ちゃんの頭のかたちのゆがみに対して、「自然に治るよ」や「赤ちゃんの頭のかたちはよく変わるものだよ」と言う人が、周りに多くないでしょうか?

しかし、結論から言うと、長頭症は自然には治りません

軽度の長頭症の場合は、髪の毛が生えて目立たなくなることはあっても、頭のかたちが自然と元に戻るわけではないのです。「様子を見よう」として放置していると、下記のリスクに繋がる恐れもあります。

頭のかたちがコンプレックスになってしまう

赤ちゃんの頃は気にならなくても、子どもが思春期になると、長頭症が原因でコンプレックスを抱く恐れがあります。

頭のかたちが原因で好きな髪形にできなかったり、メガネや帽子が合うものがなかったりと、選択肢を狭めてしまい、劣等感を感じてしまうことがあるかもしれません。

発達に影響が出てしまう可能性も

矢状縫合早期癒合症が原因での長頭症の場合は、頭蓋骨のつなぎ目が早期骨化し癒合しているので、その部分では脳の成長に合わせて頭蓋骨が成長していきません。

赤ちゃんの脳は生まれてから約6ヶ月で2倍もの大きさに成長しますが、矢状縫合早期癒合症によって脳の発達が阻害されてしまう可能性があります最悪の場合は、頭蓋内圧が亢進したり、運動や学習の成長に支障が出てしまうことも否めません。

赤ちゃんの長頭症が少しでも気になったら、将来の我が子のことを考えて、手遅れにならないうちに頭のかたちの専門医に相談してみてください。

関連する記事

ヘルメット治療ができる病院は?診断内容や注意点を紹介

赤ちゃんの長頭症を治すには?

長頭症は目立たなくなることはあっても、自然に治癒することはありません

ドーナツ型の枕やタオルを使うなどの対策に限界を感じている方や、ちょっとでも我が子の頭のかたちが気になりはじめた方は、下記を確認してみてください。

ポイント1:頭のかたちが柔らかいうちに治療を検討する

長頭症はその程度によって、頭のかたちの治療が必要になることがあります。

赤ちゃんの長頭症を矯正するためには、頭蓋骨が柔らかいうちに治療を始めることが鉄則です。具体的には生後約6ヶ月頃までがもっとも治療に適しているといえます。

赤ちゃんの頭蓋骨は生まれたての頃は柔らかく変形しやすくなっていますが、月齢が進むにつれて頭蓋骨はだんだんと硬くなり、赤ちゃんが2歳になる頃には、骨と骨のすき間も閉じて形が固定されてしまうからです。

生後6ヶ月以降であっても、長頭症の治療ができなくなるわけではありませんが、赤ちゃんの頭蓋骨は1日1日硬くなっていくので、治療の効果は薄くなると思った方がよいでしょう。

▼ポイント

長頭症の治療の一つに、「ヘルメット治療」があります。

ヘルメット治療は、赤ちゃんの頭蓋骨が柔らかい生後半年頃までに開始するのが良いとされている医療行為です。悩んでいて手遅れにならないうちに、まずは専門医の診断だけでも早期に受けることを検討しましょう。

ポイント2:頭のかたちの専門医に相談してみる

日本人は頭のかたちについて楽観的に考える傾向があります。周囲やSNSでも「自然に治る」や「様子を見よう」という意見が多いのが事実です。

しかし、長頭症は自然治癒しません。矢状縫合早期癒合症が原因で長頭症になっているケースもあります。

周囲もSNSでの意見も、頭のかたちのプロの意見ではないと考えましょう赤ちゃんの頭のかたちが少しでも気になるのであれば、その道のプロである専門医に頼ってみるのが一番です

専門医に相談することで下記が分かります。

  • 我が子は長頭症なのか?
  • 長頭症の場合、治療は必要なのか?
  • 治療方法は何があるか?
  • どのように進めればよいのか?
  • 矢状縫合早期癒合症の可能性は?

長頭症治療のプロである頭のかたちの専門医師に話を聞くことで、不安が安心に変わるかもしれません。

ヘルメット治療による矯正をおこなうかどうかは診断結果を聞いてからでも判断できます。まずは手遅れにならないうちに、専門医師からアドバイスをもらってみることをおすすめします

まとめ|長頭症かも?と思ったら悩まずに相談しよう

長頭症は「自然に治る」ものではなく、場合によっては適切な治療が必要です。

矢状縫合早期癒合症という病気によって長頭症となっている場合もあります。

赤ちゃんの頭のかたちに少しでも不安を感じたら、将来の子どものことを最優先に考えて、早めに頭のかたちの専門医に相談してください。

日下康子医師
日下康子医師

1989年、東北大学医学部卒業、東北大学脳神経外科入局。1997年、東北大学医療技術短期大学講師。2000年、東北大学医学部脳神経外科講師。2002年、米国フェニックス、St. Joseph’s Hospital and Medical Center, Barrow Neurological Institute 臨床研修留学。2004年、ドイツ:ハノーバー、International Neuroscience Institute 脳神経外科 臨床研修留学。2004年〜2014年、東京慈恵医科大学脳神経外科講師。2014年〜脳神経外科・脳ドック、リハビリテーション病院、人間ドック・検診クリニック部長、院長、内科・整形外科クリニック、訪問診療、と総合診療を経験ののち、2018年より医療法人社団ICVS東京クリニック勤務。2019年、同クリニック院長・理事、現在に至る。

ご相談の流れ

STEP.1

本サイトから
相談

こちらのフォームより相談内容をご入力の上「相談する」ボタンをクリック。

STEP.2

スタッフに
無料相談

後日、相談室スタッフよりご連絡。スタッフにお悩みをお伝えください。

STEP.3

診察を希望される
場合

予約日に指定の病院にて診察。ゆがみの原因はさまざま、専門医に診てもらい悩みを解消させましょう。

お電話でのご相談

0120-966-577《受付時間》 平日9時~17時 / 土曜日9時~14時

《受付時間》
平日9時~17時 / 土曜日9時~14時

Webからは24時間ご相談受付中

アプリで頭の形を測定してみよう 頭のゆがみがわかるアプリ赤ちゃんの頭のかたち測定

赤ちゃんの頭の歪みを測定するため、専門医の全面監修を受けて開発されたアプリです。撮影画像をもとに頭のゆがみ度をグラフにし、見える化。頭のゆがみ度をチェックできるとともに、医師への相談時にも役立てることができます。

ダウンロードはこちら

無料ダウンロードはこちら